セオリーと戦術、戦略

フレンチオープンから見るクレイコートでの作戦を考えよう。

クレイコート 表紙

こんにちは、中村です。

今年のフレンチオープンも終わりましたね。

開催時期の変更や観客の制限、ボールの変更など例年通りではないないことが多くあり、選手たちは色々なことに対応を迫られる大会になったと思います。

そんな中でもナダルは今大会もクレイキングとしての強さを発揮しましたね。

1セットを落とさずに優勝していることにナダルのフレンチオープンへの思いのすごさを感じます。

女子はシウォンテクが頂点に立ちましたね。

厚く握ったフォワーハンドで高い打点から攻めボレーもそつなくこなせる、飄々と試合を進める姿は新しいファンを獲得したのではないでしょうか。

今回はフレンチオープンを観た中で感じた多くの選手が取った作戦について考えてみたいと思います。

フレンチオープンのホームページ(英語版)

https://www.rolandgarros.com/en-us/

プロの試合を見るときにどんな作戦を思いつきますか?

基本的な考え方

ドロップショットや強力なウイニングショットを持っていてもそれだけをただ繰り出しても容易にはエースや得点には結びつきません。

その為のウイニングショットのより確率を上げるために前振りとも言える「布石」が必要になります。

布石の意味

ウイニングショット自体が派手なのでその前になされている布石を見落としがちですが、ここを抑えておかないとそのウイニングショットがどうやって生み出されたかが謎のままになってしまいます。

どの様なものかはその選手の特徴や持ち味によって違うのですが、その布石の大体の意図は「ポジションを下げる」と「相手にストレスをかけること」になります。

バックハンドを攻める

クロスラリーから展開をするのが基本となっていますが、バックハンドを攻めるが今のテニスシーンでは多くなりました。

まるでハーフコート対オールコートの練習をしているのかなと思うくらいにバックハンドに集中的に集めます。

相手の弱点を攻めるのは戦術の基本ですね、バックハンドにボールを集めることで相手のフォワーハンドの強打を防ぐことになります。

言い換えるとずっとバックハンドを打たされて得意なフォワーハンドを打つのをずっとお預けされるとそれだけでもストレスになりますよね。

ドロップショット

ドロップショットは特別なショットではなくなって来ましたね。

ただし、漠然と打ってしまうと相手はネットに近くから打てる環境を設定してしてしまうのでそれまでの布石が必要になります。

ここでは2つの状況を考えてみます。

最長距離を走らせる

代表的な布石はドロップショットを打つ前にはロングクロスで相手のポジションを下げた状態でそこからストレートにドロップショットを打ちエースが取れなくても相手を最長距離を走らせることができます。

この場合は布石のボールはただ速いボールよりも高さを出して相手を斜め後ろに下げて、重心が上がった状態にして次へ移行する動作を遅らせましょう。

ドロップショット パターン

走っている逆をつく

相手の逆をつくドロップショットも一つの作戦になっていましたね。

ストレートに打ってオープンコートができたら相手も当然そちらをカバーしに走りますが、それを逆手にとってもう一度ストレートにドロップショットを仕掛けます。

相手は逆の方向に走っていますから反応できても急には方向転換はできません。

この場合はボールが来るのを「オープンコートに打つために待ち構える→でも打つのはドロップショット」という演技が必要になります。

ドロップショット 説明図

角度を変えたクロスラリー

こちらは主にバックハンドになりますが、ロングラリーの展開から少し浅いクロスに展開すると相手の反応が遅れてエースまたは次の返球が甘くなります。

戦術の基本コース

5番(L5、R5)のコースから4番(L4、R4)か3番のコースに打つことによってストレートに展開するよりも角度がつくため相手にとって離れていきます。

淡白に一回5番に打ったから「はい、その次に4番ね」ではなく何回かロングに打ち「またロングクロスに打って来るな」と思わせることが必要になります。

特に相手が打点を落としてタイミングを変えるとそれだけでストレートを警戒するのでますます角度のついたクロスは返球しにくくなります。

角度を変更するときにはスピンの量をおおくするために重いボールを打つために少し打点を落としてボールの軌道を変えて打ちたいですね。

仕掛けるあなたが追い込まれている状態のときではなく余裕がある時に展開をしましょう。

alt="アングルショットに打つ"
【シングルス】「作戦を立ててプレーをしたい!!」と思ったら覚えておきたいこと。シングルスの打つコースを覚えて自分なりの作戦を立てられるようにして「省エネ」をして勝てるようにしたいですね。...
まとめると。。。

クレイコートではハードコートでエースになるボールがエースにならないことがあるのでタイミングやもう一打多く打つ必要がある。そのためには普段よりもう一手間加えた作戦が必要になる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です