運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

セオリーと戦術、戦略

【雁行陣】自分のペースで試合を進められる人が熟知していること

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

今回は雁行陣の後衛(ストローカー)の打つコースを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

自分のペースで試合を展開できたらストレスなくプレーできますよね。

スポンサーリンク

それには配球のセオリーを知っておく必要があります。

スポンサーリンク

セオリーを知っておけば次に自分はどこに打てば良いのか、どこに立てば良いのかなどが分かってきます。

スポンサーリンク

最近はプロの男子でも雁行陣のポイントをみられるようになり、それだけ配球が大事になっていると思います。

スポンサーリンク

コースを覚えて効率よく試合を進められるようにしましょう。

スポンサーリンク

配球のコースについてイメージしやすいように図にしてみました。

スポンサーリンク

ショートクロス

このコースは基本的にはエースを取るコースではなく「相手の体勢を崩す」ことがメインになります。

スポンサーリンク

図のように2のコースに比べて距離が短いのでサイドアウトのリスクがありますのでボールのスピードを落とし、回転量を上げてサイドアウトを防ぎます。

スポンサーリンク

スピード<スピン(回転)

スポンサーリンク

上手くいくと相手は体勢を崩しパートナーのボレーを引き出せます。

スポンサーリンク

しかし相手がストレートに打ってくるケースもあるので、あらかじめパートナーと意思の疎通をしておきましょう。

スポンサーリンク

私がこのコースに打つ時は打点を落として時間を作ってから打ちます。

スポンサーリンク

ロングクロス

ベーシックなコースであるロングクロスは相手の前衛にボレーをされにくく、ショートクロスよりサイドアウトのリスクが軽減されるコースになります。

スポンサーリンク

サッカーのペナルティキックの時にディベンダーの壁に当たらないようにゴールの上の方にカーブをかけて蹴る選手がいますね。

スポンサーリンク

このイメージで少し高い弾道でポーチボレーをさせないように打つこともあります。

スポンサーリンク

ただし、しっかりとスピンをかけてオーバーしないようにしましょう。

スポンサーリンク

センターよりのクロス

センターに打つのは相手の前衛のポーチに打たれる可能性があるので勇気のいるコースですがサイドアウトのリスクはありません。

スポンサーリンク

勇気のいるコースですが、勇気のいらないリラックスして打てる状態を作ってから打ちたいコースです。

スポンサーリンク

例えば、前フリとして相手の前衛へボディに打って、短くなった返球をこのコースに打ってネットプレーへ繋げるといった作戦ができますね。

スポンサーリンク

相手の前衛へのボディーショット

「なんでわざわざ相手の所に打つの?」と思われる人もいる思います。

スポンサーリンク

ボディショットを打つ効果は相手の動きを止める効果があります。

スポンサーリンク

欲を言えば体の中心から右と左に分けて、右利きだったら右半身(フォワーボレー側)のボディショットに打って動きを止めたいですね。

スポンサーリンク

なぜかと言うとフォワーボレーを打つ場合、体とボールに距離(空間)が必要なので狙うならフォワーボレー側のボディーショットになります。

スポンサーリンク

私は相手のストロークが良くて押されぎみの時にあえてボディーに打ち局面を変えるきっかけにします。

スポンサーリンク

ストレート

最後はストレートに打つケースです。

スポンサーリンク

雁行陣で相手の後衛(ストローカー)とのラリー戦で打ち勝って相手のボールが緩くなったら踏み込んでストレートに打ち、ポイントを取りに行きます。

スポンサーリンク

駆け引きとして

相手の前衛(ボレーヤー)の動きが良く、どんどんポーチに出てくるのをストレスに感じたら一回ストレートに打って「こっちも打てるよ」という見せるために打つこともアリです。

スポンサーリンク

また、ストレートに打ってポイントが取れるとストレス解消にもなりますね。

スポンサーリンク

この時にはミスをしなければそれに越したことはないのですが、もしミスをしてしまっても相手に「う〜ん、こっちも打たれるかも」と思わせたら効果ありです。

スポンサーリンク
組み立てて考えよう

この5つのコースで作戦を立てるのかは試合の前に予めシュミレーションして臨んでみて下さいね。

スポンサーリンク

例えば私はバックサイド(左利きなので)に入りますがフォワーハンドのロングラリーからショートクロスに展開をして浮いたボールをストレートに打つという作戦を持っていました。

スポンサーリンク

左利きの選手はこの2つのショットに磨きをかけましょう。

スポンサーリンク
alt="スライスサーブ"
【シングルス】左利きだったらサーブとフォワーハンドを磨き上げよう。左利きの選手だったらフォワーハンドとサービスを磨き上げることをお勧めします。これだけで有利に試合を進められます。...

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です