運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

セオリーと戦術、戦略

【シングルス】左利きだったらサーブとフォワーハンドを磨き上げよう。

 

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

ジュニアの試合を見に行くと私たちの時より左利き選手の人数が増えてきたと思います。

スポンサーリンク

当時はそこまで左利きが多くありませんでしたが、今では左利き同士でダブルスを組むのも珍しい事ではなくなってきましたね。

スポンサーリンク

今回は左利きの作戦について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

左利きのアドバンテージはこの2つのショット

左利きは右利きに比べて有利と言われますがなぜでしょうか?

スポンサーリンク

左利きの選手がフォワーハンドをクロスに打つと右利きの相手は自然にバックハンドを打つ事になります。

スポンサーリンク

これが左利きは有利と言われる所以かなと思います。

スポンサーリンク

私の考える左利きの強みは「スライスサービス」「フォワーハンド」になると思います。

スポンサーリンク

左利きのスライスサーブ

左利きがスライスサーブを打つと相手はバックハンドでの処理になります。

スポンサーリンク

特にバックサイドでサイドスピンを多めにかけたスライスサーブを打った場合、相手を簡単にコートの外に追い出すことができます。

スポンサーリンク

相手は無事にリターンを返すために攻撃の気持ちをディフェンスの気持ちにシフトして打つ事になります。

スポンサーリンク

しかしボールはサイドに切れていくのでレシーバーはスイートスポットで捉えることが難しくなり、返球のコースも甘くなります。

スポンサーリンク

その甘くなったボールに対してベースラインより前に入ってオープンスペースへ打つことができたら相手は戻ることができずに効率よくポイントを得ることができます。

スポンサーリンク

私の場合はカウントが「アドバンテージサーバー」になった時には力任せのサーブを打たずにスライスサーブとフォワーハンドのパターンでゲームを取るパターンにしていました。

スポンサーリンク

少し目線を変えて

大事なポイントの時にエースを狙いに行ったのは良いけど、力んでフォールトしてしまい「緊張のセカンドサーブ」になるケースを経験したことがありませんか?

スポンサーリンク

力むとトスをあげる時に手の肩に余計な力が入ります。

スポンサーリンク

一番上でボールをあげる事ができず、それに引っ張られて前のめりになったり体が開いてしまうことになります。

スポンサーリンク

もちろんこの悪循環はできるだけ避けたいですよね。

スポンサーリンク

サーブだけでそのポイントを終わらせるようにできたら良いのですが、全てのポイントでそれを期待するのは難しいと思います。

スポンサーリンク

そう考えた時にサーブだけで勝負に行かないで、次のフォワーハンドでポイントを取るように「組み立てるサーブ」マスターしましょう。

スポンサーリンク

そこで左利きのスライスサービスが組み立ての軸になりますよね。

スポンサーリンク

スピード≦コントロール(コース)

スポンサーリンク

ネットプレーにも行きたい場合はセオリーを抑えておきましょう。

スポンサーリンク
alt="アプローチショットをストレートに打つ"
【ポジショニング】アプローチショットのあとはここに立って次に備えよう。ネットプレーのポジショニングは迷っている時間はないですよね。事前に頭の中に入れておき試合の時に迷わないようにしましょう。...

左利きのフォワーハンドは相手はバックハンドになる

左利きの選手がフォワーハンドをクロスに打つと右利きの相手は自然にバックハンドを打つ事になります。

スポンサーリンク

言い換えると「フォワーハンド対バックハンド」の形で展開で試合を進めたいですね。

スポンサーリンク

ここで頭に入れておきたいのは「いかにして相手に苦し紛れの質の低いボールを打たせる」ということです。

スポンサーリンク

しかし、何も工夫なしにクロスに打っていたら相手がバックハンドと言ってもいずれは慣れてきて「質の低いボール」を打ってくれなくなってしまいますよね。

スポンサーリンク

少し角度を変えてみたり、高さを変えたり、回転を変えて相手が簡単に打ち返さないように小さな工夫をしてみてください。

スポンサーリンク

気がつかないような小さな変化の積み重ねが相手にとってストレスになり、その後のプレーに影響を及ぼします。

スポンサーリンク

私は好んで赤い線の高い弾道のボールをつなぎにしていました。

スポンサーリンク

それは相手を下げる効果と相手がバックハンドの高いところ(打点)で取らせる事ができます。

スポンサーリンク

なので左利きの選手は焦ったように所構わずにストレートへ打ったりせず、フォワーハンドをクロスに打ってじっくりと試合を作って行けるようにしたいですね。

スポンサーリンク

そうすればいつのまにかラリーの主導権を取れる様になります。

スポンサーリンク

基本的なコースをおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク
alt="アングルショットに打つ"
【シングルス】「作戦を立ててプレーをしたい!!」と思ったら6つのポイントを押さえて配給の組み合わせを考えようシングルスの打つコースを覚えて自分なりの作戦を立てられるようにして「省エネ」をして勝てるようにしたいですね。...
今回はベースになる戦術を書いてみました。

左利きのアドバンテージである

スポンサーリンク

「クロスに打ったら相手はバックハンド」を抑えてラリーでは所構わずにチェンジコースをしないでじっくりフォワーハンドを打ち相手のバックハンドにボールを集めましょう。

スポンサーリンク

バックサイドではスライスサービスとフォワーハンドの組み合わせてリードを拡大できる様にしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です