セオリーと戦術、戦略

【ロブ】ポジションを下げてディフェンスする時に気をつけたい3つのこと

alt="下がって打つ"

こんにちは、中村です。

今回はさがってボールを打つ時に気をつけたいことを考えてみたいと思います。

ラリー中に相手が大きな(高い)ボールを打った時に後ろにさがって打つことがありますよね。

いわゆる「ポジションを下げられた」状態です。

この状態では、相手はあなたがポジションを下げたのを見計らってプレッシャーをかけて来るので無理をしないでしっかりディフェンスをしたいですね。

この状況で打つ時にはどんなことを気をつけておけば良いかを考えてみたいと思います。

ボール(打点)を落とす

さがってボールを打つ時にはどうしてもボールにフォーカス(よく見る)するため、相手のコートから目を離すことがあります。

「ボールを見なくてはならないし、相手が今どこにいるかも把握したい」と考えるとつい焦って早くボールを打ちたくなってしまいますね。

焦ると力の入らない高さでボールを打ってしまったり、コースや深さが甘くなってしまったりとあまり良いことはありません。

相手がベースラインで返球を待っている時には

もし相手が前に来ないでベースライン付近にいる場合は、自分の体勢を持ち直すことを意識しましょう。

高い打点で打つ必要はないので膝のあたりまでボールを落として質の高い(スピンのかかった重いボール)を打つようにしましょう。

ボールを落とす=時間を作る

相手がプレッシャーをかけてきたら

もし相手があなたの隙をついて前に入って来た時にはスピンを多めにして足元へコントロールをします。

この場合もあなたが次の準備ができるボールスピードで打てれば速いボールである必要はありません。

もちろん、高い打点で打つ必要はなく腰の位置でボールを打ちたいですね。

どちらにしても焦らずに相手の立ち位置を見てどんなボールを打つのかを判断をしましょう。

直線的にボールを追わない

高い弾道のボールはあなたから逃げて行きます。

そのボールを打つのですからボールよりも先回りして打ちたいですよね。

ただし、ボールに対してダイレクトに近づくと心地よい打点打てなくなり「根詰まり」が生じてしまいます。

追っていてもボールとの距離感は忘れないようにしたいですね。

飛んで来るボールを先回りするつもりで移動する

高い弾道のボールはネットすれすれに飛んで来るボールに比べてスピードは遅くなります。

なぜならば、同じようなスピードで打とうとするとスピンの量が足りないためオーバーアウトのリスクが高まるので、いつもよりスピンをかけてスピードを抑えますよね。

これを踏まえて。

 

いつもより遅く飛んでくるボールをつい見てしまい、飛んで来るスピードに合わせてゆっくり行動をしてしまう選手を見かけます。

この場合、ボールがバウンドして弾むことを考えた時にボールのリズムに合わせたスピードで動いたら質の高いボールが打てるでしょうか?

バウンドする高さに予測をつけてあなたの通常の打点を逆算して打てるスピードで移動しましょう。

いかがでしたか?

テニスは状況判断を繰り返し行うスポーツです。

その状況判断には

打点(高さ、前後)
ボールとの距離感
移動の仕方

などを頭に入れて練習で取り組んでみてください。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です