セオリーと戦術、戦略

【ボレー】ネットプレーでワンバウンド処理を選択したら気をつけたいこと。

キャッチアイ ライジング

こんにちは、中村です。

ダブルス、シングルス問わず、ネットプレーに行った時に問題になるのが相手が足下にコントロールしてきたボールの処理の仕方をどうするかですね。

今回はシングルスでワンバウンド処理を選択した時に気をつけたいことを考えてみたいと思います。

あなたはワンバウンドで処理する時には何を気をつけていますか?

 

ワンバウンドの処理を決めたら最後まで目を離さない。

あなたがアプローチショットからネットプレーのポジションにつき、「いざボレー」と構えます。

相手もポイントを取られたくないので強烈なスピンをかけてあなたの足下にボールをコントロールをしてくると思います。

どちらを選択しても最後までボールを見ることを忘れない様にしたいですね。

しっかりとボールを見ずに感覚だけで処理をしようとすると手打ちになりがちです。

ネットが目の前にあってワンバウンドを選択する様な厳しい状況での手打ちは顎が上がってしまいイメージより浅く入ってしまうことが多々あります。

ボールの勢いによって回転(スピン)の種類を変える

ワンバウンドさせても勢いのあるボールと勢いのないボールとでは処理をする時にのしかかってくるプレッシャーは違います。

相手がスピードを抑えてスピンを多めにして打ってきたボールはバウンドしてからも勢いが緩みません。

しかし、ネットインして入ってきたボールには勢いがない場合がありますよね。

ボールに勢いがある場合はスピンで処理する

飛んでくるボールに勢いがある場合は最後までボールから目を離さないでスピンで処理をしましょう。

勢いあるボールはバウンドしてから跳ねます。

ただでさえあなたの近くでバウンドしてそのまま過ぎ去ろうとしているエネルギーのあるボールをライジングのタイミングで捉えてそのパワーを逆に利用して返球しましょう。

ボールに勢いがない場合はスライスで処理をする

飛んでくるボールに勢いがない場合は落ち着いてスライスで処理をしましょう。

ただ返すのはなくフラットスライスでバウンドしない返球か、サイドスピンをかけて相手にスイートスポットで打たせない様なひと工夫をしておきたいですね。

どちらにも言えることですがスピードの速い返球ではなく、深さを優先させて次に飛んでくるボールに対してのポジションと体勢を整えておきたいですね。

ボレーではなく、ワンバウンドなら基本のストレートに立ち戻ろう。

アプローチショットもそうですがネットプレーでは基本はストレートになります。

これは角度の問題ですが、あなたがクロスに返球をしたら相手はストレートに打ちやすくなります。

そうなるとあなたはポジションの修正を余儀なくされます。

alt="アプローチショットをストレートに打つ"
【ポジショニング】アプローチショットのあとはここに立って次に備えよう。ネットプレーのポジショニングは迷っている時間はないですよね。事前に頭の中に入れておき試合の時に迷わないようにしましょう。...

ボレーに出てワンバウンド処理をさせられるということは見方を変えると緊急事態といえます。

そんな時はあまり目まぐるしくポジションを変えないでセオリー通りの配球で立て直したいですよね。

強気にセンターに打つのもアリ

少し力を込めてセンターに強気で打つのも駆け引きの一つになると思います。

相手のいるセンターに打つには抵抗がある人もいると思いますが、センターに打つということは相手は角度をつけにくい状況になります。

もちろん、深く打てないと落ち着いている相手は打点を落としてロブを打ってくる可能性があります。

それを逆手にとってロブを誘うのも良いかと思いますが、その場合は前に詰めすぎずに予めサービスラインより少し前くらいにポジションをとっておきましょう。

センターに打つ場合はスピードはなくても深く打ち、なおかつサイドスピンをかけてボールを持ち上げにくい様にしたいですね。

 

まとめると。。。

ネットプレーの段階でワンバウンドで処理をする場合は「緊急事態」と言えます。

そんな時はあまり難しいことはせずにセオリー通りに返球をしてポジションの移動を抑えられる様にしてシンプルなプレーを心がけましょう。

勢いのあるボールと無いボールでは球種を変える

ワンバウンドさせたらストレートに打って自分の立て直す時間を作る。

センターに打った時はロブを誘いスマッシュを待つためのポジションにつく

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
定期的に記事のアップ状況をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です