運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

セオリーと戦術、戦略

パートナーのボレーを導くためのストローク術を考えよう!!

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

今回は雁行陣対平行陣の時のストローク術について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

自分がストローカーの時に相手が二人ともボレーに立っている。

スポンサーリンク

サービスダッシュやアプローチショットから相手の後衛がネットプレーに入って来た時にこの状況になりますが、ストローク次第であなたのパートナーは孤立しがちになります。

スポンサーリンク

その後の試合展開を考えるとなるべくパートナーにもプレーに関与してもらいたいですよね。

スポンサーリンク

あなたはパートナーのボレーを導くためのストロークをしていますか?

スポンサーリンク

速いボールを打ちすぎるとパートナーは動けない。

相手が二人とも前にいると気持ちも高ぶって、ついついボールのスピードを上げたくなります。

スポンサーリンク

これではあなたの視野は狭くなり自分1人でポイントを取りに行ってしまう状況へと心が傾いてしまいます。

スポンサーリンク

確かにストローカーとしてはバンバンとストロークを打てるので気持ちよくなっていますから「ほらっ、私が一生懸命相手を頑張ってるからポーチに出て!!」と思うかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、パートナーとしては「こんだけ速いテンポのラリーから手を出すのは厳しいな〜」と尻込みしてしまうと思います。

スポンサーリンク

あなたがスピードを上げてストロークを展開していると当然、相手も「負けてなるものか!!」とテンションを上げてプレーをします。

スポンサーリンク

そうなると一度もボールを触っていないパートナーはスピードの波に乗れずに「来た反応」ではなく受け身の「来る反応」モードになってしまいます。

スポンサーリンク
ダブルスの前衛について
【意識改革】前衛では意識を変えて積極的にプレーをしよう!! こんにちは、中村です。 今回はダブルスで前衛に立った時の心構えについて書いてみようと思います。 「ボレーが好きじゃな...

次第にあなたは1人で2人を相手することになり精神的に追い込まれて行きます。

スポンサーリンク

この精神状態が続くとストレスが溜まり「このパートナーとは合わないかも」と考えてしまう様になります。

スポンサーリンク

相手の足元に配球をする

足元に打つと相手はそのボールをミスしたくないので感覚だけで打たずにボールをしっかり見ようとします。

スポンサーリンク

そのボールをしっかり見ている状態の時にあなたのパートナーがボレーができるチャンスになります。

スポンサーリンク

ただし、視野を狭くして足元だけに固執してしまうと1、2回なら通用しますがそれ以降は作戦がバレてしまい対策を練られてしまいます。

スポンサーリンク

そのためには少し回りくどいですがバレない様な配球しないといけません。

スポンサーリンク

センターセオリーと足元への配球を組み合わせる

ストローカーのストローク術

センターセオリーからの足元への配球はあなたのミスを減らし、パートナーのボレーを導くのに代表的な作戦になります。

スポンサーリンク

センターに速いボールで相手の注意をセンターに向けて、「またセンターに打ってくる」という心理に持ち込みます。

スポンサーリンク

すると相手のポジションがセンター寄りになるので、それが見えたらボールのスピードを落として相手の足元に配球をします。

スポンサーリンク
ここを確認

相手の動きを見れる程度のボールスピードでつなぎましょう。

スポンサーリンク

この心理をついた配球に相手は腰高になり、質の低い返球にあなたのパートナーは感じてボレーに出ることが容易になります。

スポンサーリンク

速い(センターへの配球)と遅い(相手の足元)の差を利用したいので緩急をしっかりとつけましょう。

スポンサーリンク

私は相手の足元に打つ時にはボールをいつもより落として「ショートクロスに打つのかな」と2つ目の心理策を用意をします。

スポンサーリンク

相手のバックハンドハイボレーに配球する

ボレーの為のストローク

もう一つはセンターに速いボールを打った後にバックハンドハイボレーに配球するパターンです。

スポンサーリンク

ここでもセンターセオリーの組み合わせが効果的になります。

スポンサーリンク

速いボールを打たれると自然と体勢も下を向く様に構え始めるのでそこへロブを上げて体勢を上向きにされると反応しても動作が遅れます。

スポンサーリンク

上下の揺さぶりで体勢を崩しましょう。 

スポンサーリンク

相手は動作が遅れると質の高いボールを打てなくなりディフェンスをせざる得ないのでこのチャンスをパートナーに見逃さずに動いてもらいましょう。

スポンサーリンク

パートナーの次のショットですが、ハイボレーのために後ろに下がって、意表をつかれて体勢を崩している選手の方に打つのも頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

体勢の崩れていない相手の方に打つと攻撃の波をせき止められてしまうとそれまでの布石を活かせませんよね。

スポンサーリンク
まとめると。。。

センターにボールを集めてから展開をスタートしましょう。

スポンサーリンク

1 センター→足元へ打ち動きと止める
2 センター→ロブを展開して上下の揺さぶる

スポンサーリンク

などミスの少ないセンターセオリーを元に組み立てをしてパートナーにボレーを導いてチームに勢いをつける得点方法を考えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です