今日のコーチング

【意識改革】前衛では意識を変えて積極的にプレーをしよう!!

ダブルスの前衛について

こんにちは、中村です。

今回はダブルスで前衛に立った時の心構えについて書いてみようと思います。

「ボレーが好きじゃないから前衛は苦手」と考える選手もいると思います。

確かに練習はシングルスが多くなりストロークとボレーの練習時間に差があると思います、ダブルスの練習もあまり多くないのが現状だと思います。

今回は技術からの観点ではなく、心の持ち方からフォーカスしてみたいと思います。

ダブルスから戦術や勝負所の見分け方、勝ち方を覚えてシングルスに結びつけても良いと思いますし、ダブルスで戦績をあげて次のステージに進んでも良いと思います。

「うまい選手だね」から「勝てる選手」へ住所変更しよう!!この二つの違いは勝敗を考えた時に大きな差になりますね。 あなたはどちらを目指しますか?...

ダブルスも考え方を深めて自分のテニスの幅を深めて行きたいですよね。

ストレートに打たれた時やセンターのボールに手を出せない

[例] 雁行陣でパートナーが頑張ってクロスラリーをしてくれています。

そのパートナーの頑張りがあって相手のボールがクロスからずれて、センターへ質の低いボールが飛んできた!!

あなたのパートナーが思うことは「このボールはパートナー(あなた)がボレーしてくれてこのポイントは終わる」と考えます。

しかし、このボールに対して手を出そうとするけど、いざ打つ時に手を引っ込めてしまいあなたのパートナーは「あれっ、打たないの!?」と驚きながらもなんとか反応して返球します。

しかし、良い体勢で打てないので次に相手に決められてしまいます。

この様な状況は見たことがあると思いますし、実際にやってしまったこともあるのではないでしょうか?

必要以上にミスを恐れないように考え方を変えてみる

自分のパートナーがラリーをしている時にはあなたはボールを触っていない状態にあります。

コートにいるけどボールに積極的に触れない時間なので言い換えると「主役の時間」ではない状態です。

その間にあなたはどんな心構えでいますか?

「いつでもボールが来ても返球するから大丈夫。さあ、いつでも飛んで来い!!」という心持ちで待っているでしょうか?

それとも、「いきなりこっちに飛んで来てミスしたら嫌だな、できれば打って来ないで。」と思っていませんか?

「来る!!」「来た!!」の違い。

ボールが「来る」と「来た」の違いは何でしょうか?

「ボールが来る!!」はまだ自分の元にボールが飛んで来ていない状態で「未来形」の表現です。

コートにおいての未来形は主体的な予測と結びつきます。

主体的なので、対応する準備がすでにできているのでボールが飛んでこないかなと自分の結果に期待できる状態です。

この考え方になるとボールに対しての積極性が生まれるので自然とフットワークがよくなりポーチボレーがスムーズにできたり、ストレートに打たれたボールに対して驚かずに対応できる様になります。

一方、ボールが「来た!!」は過去形となります。

コート上ではすでに自分の元にボールが来ていて打たなければならない、または打たされる状態です。

積極的な予測が成り立っていない状態なので、受け身でボレーをすることになります。

準備ができていないので腰高になって質の高いボレーができなかったり、センターへのボールに対して気後れが生まれてきます。

この状態が続くと相手に勢いがついてしまいチーム内での意志の共有ができなくなり、勝ちが遠のいて行きます。

これでは困ってしまいますよね。

この考え方はダブルスでもシングルスでも自分を前向きにできる必要な考え方なので、自分の「思考のクセ」を見つめ直してみましょう。

まとめると。。。

過去形で考えるのではなく、未来形で考える「思考のクセ」を見直して常に自分に期待をしてコートに立つ様にしましょう。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です