今日のコーチング

トスはどのように上げているか知っていますか?

トスをあげる 表紙

こんにちは、中村です。

今回はトスについて考えてみたいと思います。

サービスの苦手と思っている選手の中にはトスでつまずいている選手も多いと思います。

その時の失点だけではなく、その後のパフォーマンスにまで影響を及ぼすショットであるサービスを自信を持って打ちたいですよね

一度、サービスを改善する為にトスを見直してみませんか?

ボールを離す高さをチェックしよう

普段(メンタルの状態が良い時や疲れていないとき)は一番高いところまで手をあげてボールを放している選手でも疲れやイライラが溜まってくると顔の前でボールを投げ始めます。

当然、ボールを放す高さ(リリースポイント)が低くなればその分だけ低い位置からボールを打たなければなりません。体全体を使ったダイナミックなスイングもできずに縮こまって前肩を落としながら打つことになります。

ボディバランスを崩しながら打ったら相手が打ってくるレシーブへの対応も遅れてしまいラリーの主導権を握れないですよね。

練習の時から自分のリリースポイントを確認しておきましょう。

この作業を以外にしていない人も多いのではないでしょうか。

練習の時にはキレやコントロールをチェックするのと同じくらいにボールをどこで離すかに気を使って「あれっ、今日はトスの高さが違うな」と違和感に気づけるようにしましょう。

この習慣がつけば問題を小さいうちに改善できるようになります。

手首の角度を変えていることを理解しておく

皆さんは無意識に手首の角度を変えてトスをあげています。

もしあなたが手首を角度を変えないでボールを離したらボールはあなたの遥か後ろに飛んでいきます。それではサービスを打つことができませんよね。

それを防ぐために手首の角度を変えて微調整をしているのですが、それを意識してどれ位の角度まで手首の角度を変えているのか確認をしておきましょう。

普通に考えたら地面と平行になるまで手首の角度を変えているはずですよね。

このことを知っておくと緊張したポイントなどで手首が硬くなってうまくトスがあげられないことに気がつく様になります。

感覚だけで覚えようとせずに実際に手首の角度がどれ位変わっているかを観察しながら練習をしてください

ボールを離すまでのモーションの焦らずにゆっくり行う

前述の手首の話に結びついてきますが、手首がリラックスしていないとボールをうまくコントロールできません。

またサービスを打つときには地面を蹴ってパワー(弾みをつける)をもらうのですが、膝の曲げずにつま先だけでジャンプをしようとすると地面を蹴る時間が短くなりパワーを十分に引き出せません。

手首のリラックスと地面を蹴るための運動を連動させることが必要なのでトスをあげるまでのモーションをゆっくりさせるようにしたいですね。

サービスに時間を割ける時にじっくりトスまでの動作を見直してくださいね。

まとめると。。。

あなたがゲームの中でそのポイントの主導権を握れる最初のショットがサービスです。

ゲームの序盤は元気やストレスがないので良い感じで打てると思いますが、終盤で1stサービスが入らないと自分が苦しくなるので最初から最後まで同じテンポで打てるようにしっかりとしたフォームの再確認をしましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です