運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【テニス】サーブのトスの上げ方はフォームと一緒に考えよう

こんにちは、中村です。

お悩みプレーヤー
お悩みプレーヤー
トスがイマイチ定まらない

レッスンをしていてもトスを悩んでいる人が多く見受けられます。

高く上げすぎたり、頭より後ろの方に投げすぎたりとあれこれ試していくうちにサーブを打つ前に疲れてしまう人もちらほら見かけます。

今回はそんなサーブを打つ前のトスをどのように安定させれば良いかを考えてみましょう。

あなたはトスの位置に気をつけていますか?

スポンサーリンク



トスを上げる時のボディバランスを気をつける

お悩みプレーヤー
お悩みプレーヤー
どうもトスを上げるのが安定しない

と感じたらトスを上げることだけにフォーカスするのではなく、サービスのフォームを全体を見直してみるのも一つの方法です。

  1. 相手のレシーブがうまく、ミスのないリターンがプレッシャーに感じている
  2. 最終セットまで試合がもつれて疲れてきた
  3. 1stサーブが連続で入らずに相手のペースでゲームが流れている

など、焦りやプレッシャー、疲れと言った様々な要因からから良い姿勢を保てなくなります。

キャッチアイ サーブ2021
【テニス】試合でもサーブが入るコツをつかもう!!シチュエーションを意識して練習しようこんにちは、中村です。 練習の時には気持ちよくサーブが入るのに試合になるとダブルフォルトがたくさん出てしまうのは何でだろう?と考え...

手首の角度を変えてトスを上げる

トスを上げるシーンをイメージしてみてください。

もし、手首の角度を変えないでそのままトスを上げるとボールはどこにいくでしょうか?

ボールはそのままあなたの頭を超えてバックフェンスまで飛んで行ってしまいますね。

スポンサーリンク



トスを後頭部に上げない

トスは鼻の延長線上で

トスを後頭部の方へ上げると背中を反らして打つことになります。

これは強力な背筋を持っている選手でも何回も続けて行けば、いずれ腰痛の原因になってしまいます。

背中を反らさないようにするためにはトスの矯正が必要になります。

大事なのはボディバランスを崩さないでボールを打てる位置にトスを上げることです。

ボールを離す位置を決めてしまおう

鼻の延長線上でボールを上げるというのが一番わかりやすいと思います。

この高さ(鼻の高さ)まで手が上がったらボールを離すように自分の中で決めてしまいましょう。

ここで一つの基準を決めておくとゲームの後半で疲労でのフォームが崩れての1stサーブの確率が落ちた時の修正する解決の糸口が速く見つかります。

普段からここ(ボールを離す位置)をフォーカスしながら練習に取り組みたいですね。

キャッチアイ サービス
【テニス】ダブルスの戦術:何故かゲームが取れない!!サービスキープが難しくなる前に確認したい6つのことこんにちは、中村です。 今回はダブルスでサービスがキープが難しくなる時の原因を考えてみたいと思います。 とゲーム中に考え込ん...

上体が後ろに傾いていないか?

トスが後頭部側に上げている人はスピンサーブが好きな人が多いと思います。

スピンサーブが好きなことには問題はありません。

しかし、上体が後ろに傾けて継続的にサーブを打っていると腰痛の原因になります。

写真の様に膝を曲げると体勢を崩さない様に上体を反らしてバランスを取ろうとします。

このバランス取りを続ける動作は自然に行なっていることなので本人にはわかっていないことが多いです。

そうなると腰に負担をかけていることに気がつきにくいです。

スピンサーブを武器にしたい選手も腰痛にならない様にしたいですよね。

上体が後ろに傾けて継続的にサーブを打っていると腰痛の原因になる

 

股関節の角度を変えて上体をまっすぐに保つ

サーブ トロフィーポジション

この上体を反ってしまわない様にするためには写真の様に背中をまっすぐにして膝を曲げる必要があります。

ここで意識をしたいのは股関節を少し前に傾けて上体が後ろに出てしまうことを防ぐことです。

 

適度に膝を曲げたらそのまま上にジャンプとスイングをしてスピンサーブを打てる様にしたいですね。

 

撮影場所

日吉テニススクール

http://home.p00.itscom.net/hts/

 

サーブ キャッチアイ
【テニス】初心者がサーブを上手に打つための5つのコツこんにちは、中村です。 サーブがレベルアップへの難関となっている非力な生徒さんもいるのではないでしょうか? この様に全力で打...

 

まとめると。。。

トスを後頭部の方へ上げると縦回転のスピン系サーブは打ちやすくなります。

しかし、できるだけ腰に負担をかけないで打ちたいですね。

トスを後頭部に上げていないか

膝だけではなく腰も前へ傾けて上体が後ろに行くのを防ぐ

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA