運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

シングルス

【シングルス】ベースラインの手前でプレーしていませんか?

こんにちは、中村です。

振り返るプレーヤー
振り返るプレーヤー
ベースラインにいるのに気がついたらいつも足元に相手の返球が来るんだよな〜

あなたの周りにこんな悩みを持っているシングルスプレーヤーはいませんか?

何でか???

気がついたらベースラインより後ろではなくベースラインの一歩前でプレーしていた。

こんな状況になってしまうこともあると思います。

あなたはベースラインの後ろからプレーをスタートしていますか?

 

ベースラインより少し前でプレーをするデメリット

ルール上、相手が打ったボールがベースラインに乗っていたらそれはグッドですね。

いわゆる「オンライン」となり、あなたはそのボールに対しても返球しなければ失点になってしまいます。

ということは、あなたがベースラインより前に立ってしまうとベースラインめがけて勢いよく飛んでくるボールに対してボディバランスの悪い状態で返球をしないといけません。

これでは体重を乗せた力強いボールを打つことは難しかったり、重心が後ろになった状態でダイレクト(ボレーの様にノーバウンドで)に返す事になります。

できる事ならベースラインより後ろにスタンバイして体重移動を加えて打ちたいですよね。

そこで少しケーススタディをしてみましょう。

どんなショットの後にベースラインの前にいるか?

アピール

ベースラインの少し前で相手の強打でギャフンと言わされてしまうことは色々な状況が考えられます。

そこで今回は2つのケースから考えてみたいと思います。

ベースラインより前にいてギャフンと言わされるケース その1

振り返るプレーヤー
振り返るプレーヤー
良いサーブじゃないと押し戻されるんだよな〜

サービスダッシュをするために少し前にジャンプをしてサーブを打ったまでは良かったものの、そのサーブがイメージ通りのサーブにならずに前に行けなかった。

ベースラインより前にいてギャフンと言わされるケース その2

振り返るプレーヤー
振り返るプレーヤー
「エースかな」って期待してついつい見ちゃう!!

あなたがエースを取りに行った時、もしくは相手を崩しに行った時ですね。

例えば、回り込みフォワーハンドをセンターから逆クロスを打って、そのあとに「どうかな〜!?」と様子を見ている時についベースラインの少し前で止まってしまうことはありませんか?

ベースライン付近で「ギャフン」と言わされないアイディア

ボールを見送る

どちらのケースにも言えることですが、その場所であなたが打ったボールとその状況に見入ってしまう時間を減らす事ができるかになってくると思います。

ベースライン付近でプレーすることは全くなしにすることはできないと思います。

特にボレーが好きな選手だったら前(ネットプレー)に行きたいと思うのは尚更ですよね。

後ろにサイドステップをしながら打つ

この状況でもミスをしないために気をつけたいのは打点ボディバランスですね。

その為には後ろに下がりながら打ち良い姿勢で打てるようにします。

リズムとしては3拍子

後ろ足を少し後ろに踏み込む(いつでも打てる準備をして置く)

 

前足を後ろにひく(この時点でボールをヒットする)

 

前足を後ろに引いたので窮屈になった後ろ足をもう一度後ろに下げる(ボディバランスを崩さないためのフォローのフットワーク)

 

気をつけたいのは腰が跳ね上がって腰高にならないようにしたいですね。

alt="下がって打つ"
【ロブ】ポジションを下げてディフェンスする時に気をつけたい3つのことシングルスにおいてベースラインより下がって打つのは自分がディフェンスに回ることですね。できるだけ攻めさせないように打つことを考えてみましょう。...

腰を落としてボレーで処理をする

充分に下がれないようなら腰を落としてダイレクトにボレーで返球してしまうのも一つの手段になります。

冷静にボールを見てボールを捌きたいですね。

 

まとめると。。。

ベースラインより少し前でプレーすることは多々あります。

問題はその場所で相手の状況に見入ってしまうことです。

その時間を減らして相手の返球に対応できるポジションに素早く戻れるようにしたいですね。

もし、ポジションに戻る事が出来なかったら

後ろにサイドステップをしながら打つ

それが間に合わないならダイレクトにボレーで返す

などのアイディアを予め考えておきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です