運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【ダブルス】サービスゲームをより簡単にキープをするために事前にサインプレーでレシーブにプレッシャーをかけよう

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

ダブルスにおいてサービスゲームをキープするのが基本的な考え方ですよね。

スポンサーリンク

そのためにはポーチボレーやフェイントを取り入れて相手チームのレシーブに揺さぶりをかけるのも駆け引きの一つですね。

スポンサーリンク

そのポーチボレーの成功率を高めたり、レシーバーをフェイントにかけてミスを誘うために前衛がサーバーにサインを出してチームでポイントを取りに行くサインプレーがあります。

スポンサーリンク
あなたはサインプレーでキープをスムーズにできていますか?

状況によっては2ndサーブでのサインプレーもあり

指サイン

プロの試合でも前衛がサーバーに対して背中越しに1本指を出したりチョキを出したりとサインを出すのを見たことがあると思います。

スポンサーリンク

これをサインプレーと言いますが、サインプレーは1stサーブだけというイメージが先行されています。

スポンサーリンク

基本的な考えのプレーヤー
基本的な考えのプレーヤー
1stサーブは攻めて2ndは慎重に

スポンサーリンク

この考え方が根底にありますが、ここで少し見方を変えてみましょう。

スポンサーリンク
もし相手がクロスにレシーブをすることがわかっていたらポーチボレーの成功の確率がより高まりますよね。

 

それは相手チームがリスクを背負わないでポイントを取りに行きたいと精神的に有利と思っているポイントです。

スポンサーリンク

例えば、相手チームがリードを握っていてるシチュエーションの2ndサーブではレシーバーの心理は

スポンサーリンク
強気なレシーバー
強気なレシーバー
セカンドサーブになった。相手は大事に来るだろうからポーチは無いよな、クロスに強めに打って、プレッシャーをかけよう

と思っていたらポーチボレーのチャンスです。

スポンサーリンク

強めのレシーブに対してポーチボレーを仕掛けるのは勇気が必要ですが、タイミングを抑えてしまえば相手の出端をくじくには十分な効果があります。

スポンサーリンク

このように相手の裏をかいてポーチボレーをするにはパートナーに知らせておく必要があり、サインプレーが必要になります。

スポンサーリンク
【ダブルス】センターに飛んでくるボールに手を出せない、考え方を見直してボレーに立った時に手を出せる範囲を覚えてストレスフリーになろう。こんにちは、中村です。 今回が前衛に立ったときによくあることについてです。 あなたはセンターに飛んでくるボールに手を出しています...

コースをサインする

まず最初にサービスを打ってもらうコースを指定しましょう。

スポンサーリンク

センター、ボディ、サイドの3つのコースが考えられます。

スポンサーリンク

あなたが出やすいコースに打ってもらうのも一つの作戦ですが、相手が苦手としているコースにサーブを打ってもらいプレッシャーをかける考え方の方がより効果があります。

スポンサーリンク

ストレスフルなレシーバー
ストレスフルなレシーバー
タダでさえ苦手なバックでレシーブさせられているのにポーチまで来るよ

スポンサーリンク

と相手に思わせることができたらその後のサービスゲームのキープが楽になってきますね。

スポンサーリンク
相手の弱点を見極めて3つのコースのうちどこに打てばより効率的にキープできるかを見出したいですね。

球種をサインする

ポーチボレー

主に球種はフラット、スライス、スピンと3つに分けて考えられます。

スポンサーリンク

ここで抑えておきたいのは球種を変えてレシーバーにクリーンヒットさせないことです。

スポンサーリンク

例えば

スポンサーリンク
パートナーが左利きでスライスサーブを得意とするならバックサイドでは外に逃げるサーブを打ってもらい、より簡単なポーチにできるようにリクエストをする。

 

スピンサーブが好きなパートナーならレシーバーのボディにスピンを打ってもらい驚いて後ろ体重になったところへポーチに出る。

 

フラットサーブの良いパートナーならセンターにサーブを打ってもらい、ストレートにレシーブを打たせない様にコースを限定させてポーチができる状況を作る。

 

この様にそれぞれ球種を打ち分けてサービスゲームの主導権を握ったら離さない様にしたいですね。

スポンサーリンク

https://masayacoach.com/doublespouchvolley2021-03-25/

スポンサーリンク

ポーチに出るか出ないかをサインする

フォワーボレー

ポーチに出る時だけではなく、時には出ないという選択肢も必要になります。

スポンサーリンク

フェイントだけにするか実際にポーチに出るか

ポーチに出ない場合にはフェイントをかけるという手段があります。

スポンサーリンク

フェイントをかけるのとかけないとではレシーバーに与えるプレッシャーが違います。

スポンサーリンク

ストレスフルなレシーバー
ストレスフルなレシーバー
なんか、相手の前衛がちょこちょこ動くからレシーブしにくい!!

スポンサーリンク

また、フェイントをかけることであなた自身の足が動いた状態で次のプレーに入れます。

スポンサーリンク

フェイントは横か斜め前に動くのでセンターのボールに対して反応が良くなり、ラリー中でも手が出せる様になります。

スポンサーリンク
ダブルスの前衛について
【意識改革】前衛では意識を変えて積極的にプレーをしよう!! こんにちは、中村です。 今回はダブルスで前衛に立った時の心構えについて書いてみようと思います。 「ボレーが好きじゃな...

何回めのラリーでポーチに出るか

バックボレー

この項目を作ってあるチームは多くないと思います。

スポンサーリンク

ポーチボレーはレシーブからだけではなく、ラリー中でも仕掛けられるようにしたいですね。

スポンサーリンク

そのため、何回目のラリーでポーチをするとサインを出しておけばあなたのパートナーがその回数に合わせての配球を考えてくれます。

スポンサーリンク

例えば相手が4回目を打つタイミングでポーチに出ると設定しましょう。

スポンサーリンク

相手が4回目を打つ前のショットをパートナーが短く打って態勢を崩すシチュエーションや大きなボールを打って後ろに下げるなどのシチュエーションを作ってくれます。

スポンサーリンク
パートナーが作ってくれたシチュエーションに乗ってポーチボレーを成功させてその後の流れを引き寄せたいですね。

 

【テニスの特性を考えよう】「うまい選手だね」から「勝てる選手」へ住所変更しよう!! こんにちは、中村です。 あなたは勝てる選手とうまい選手の差はどこにあると思いますか?   テニスというスポーツの特性を...
撮影協力:日吉テニススクール

スポンサーリンク

http://home.p00.itscom.net/hts/school.html

スポンサーリンク
まとめると。。。

サインプレーをうまく使ってサービスゲームをストレスなくキープできるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク

2ndサーブでもサインプレーをしてみる

スポンサーリンク

コースをサインする

スポンサーリンク

球種をサインする

スポンサーリンク

ポーチボレーに出るかどうかをサインする

スポンサーリンク

何球目にポーチに出るかをサインする

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です