今日のコーチング

「うまい選手だね」から「勝てる選手」へ住所変更しよう!!

 

こんにちは、中村です。

皆さんは「勝てる選手とうまい選手の差は何だろうか?」と考えたことはありますか?

「あの選手は色々なことができるんだからもっと上のランキングにいても不思議ではないよね。」とか「相手よりもパワーもフットワークもあるのに何か負けちゃったよ」と思う選手はたくさんいると思います。

反対に「この選手は特別にフットワークもよく無いし、すごいサービスを持っているわけでは無いけど、いつ見ても勝ってるよね。」みたいな選手もいると思います。

特にジュニアの試合を見に行くとそんなことを感じることも多々あります。

フィジカル(身体的な能力)だけではなく、テニスというスポーツの特性を知ることにより勝ちを手繰り寄せる事ができます。

ここがテニスというスポーツの奥深いところですよね。

では、両者のこの差はどこにあるのでしょうか、これはコーチの数だけ意見があると思いますので、私なりの見解を書いてみたいと思います。

基本的には「勝てる選手」と「うまい選手」は同一線上にいないと思います。

うまい選手はそこを追求して行っても「勝てる選手」にたどり着くには回り道をするかもしれません。

どうせなら迂回路を通らないで本線を迷いなく「勝てる選手」になりたいですよね。

 

勝てる選手はゲームをまとめられる(終わらせられる)

1ゲームは4ポイントで構成されていますね。

例えば、あなたがテンポよく2ポイント目と3ポイント目を取っても、相手が後から4ポイントを先に取ったらそのゲームを取られてしまいます。

逆に言うと取って取られてのシーソーゲームでも4ポイント目を先に抑えることができたらゲームを取ることができます。

これをセットレベルで考えたら最後の6ゲーム目を抑えたらそのセットを取ることができます。

「勝てる選手」はこの大事なポイントをしっかり抑えられる選手が該当するのかなと思います。

そして、この大事なポイントを抑えるためにどんな作戦を立てるのかを考えるのがテニスの面白さであり、奥深さですよね。

反対に「うまい選手」と評される人はビッグフォワーハンドや大胆なドロップショットなどで華のあるポイントの取り方をしますが、大事なポイントの時にそれができていなかったりしますよね。

これでは「勝ち」に結びつけることができない「うまい選手」からの脱却ができません。

ちなみに大事なポイントを抑えられる選手はそのポイントを「行き先は打ったボールに聞いてくれ」みたいなギャンブル感の溢れるポイントの展開を避けます。

そのまま試合の流れを相手に持って行かれてしまうことになりかねないからです。

練習の取り組み方を考えてみよう

普段の練習からゲームをまとめる(終わらせる)ショットや戦術を意識して取り組もう。

もちろん、その状況の緊張感を持って練習しましょう

練習のスタートから意欲的に取り組みましょう。

https://masayacoach.com/coaching2020-08-12/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です