運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【テニス】ボレスト:ボレーヤーとストローカーのそれぞれの目線から考えてゲームで必要なスキルを練習しよう。

こんにちは、中村です。

今回はボレーヤー目線からみたボレストについて練習の仕方を考えてみましょう。

ボレー対ストロークのラリーは初心者クラスの場合にはコーチがボレーで、皆さんがストロークという形で行なっていると思います。

中級クラス以上のレベルになると皆さん同士で行う様になって来ます。

その時に気をつけたいことを書いてみたいと思います。

あなたはボレーのテクニックを磨いていますか?

 

スポンサーリンク



ボレストをより質の高い練習に押し上げるために

ボレスト

このことはボレストだけでなく、他の練習にも当てはまると思います。

練習する選手がこの練習では何に取り組むかをはっきりと自覚することで練習に対する意識が高まります。

意識が高いと簡単に挫折することなく、前向きに「どうやったら達成するか」を考える力が養われます。

コートに立ったら「この練習は何のために行うのか」を意識を持って練習に取り組むようにしてください。

スポンサーリンク



ボレーヤーから見たボレストの練習

ボレーヤーから考えるボレストでは距離予測が練習のポイントにあげられます。

ボレーを深く安定的に打てる様にする

ロングボレー

試合において深いボレーはそれだけで相手にとっては嫌なものです。

体重移動を加えたショットが繰り出しにくくなり、仮に足元にコントロールができても球威はないので簡単に相手に返されてしまいます。

それが続くとストローカーのプレッシャーも積み重なってそれが次第にストレスになって行きます。

何回も安定的にベースライン付近にボレーができるようにしたいですね。

ボレー キャッチアイ
【テニス】ボレーを深く打つコツはインパクトの時にボールを持ち上げて相手をベースラインの後ろに貼り付けにしようボレストの練習の時や前衛にたった時に自分のイメージより短いボレーになってしまうことはありませんか?ちょっとしたボールの捉え方で前よりも簡単に深くボールをコントロールできる様になります。...

ドロップボレーの練習をする

ドロップショット

あなたのボレーがベースライン付近に深く入ったら当然のように相手は後ろに下がったりボディバランスを崩して次の動作が遅れますね。

そうなると、あなたは相手を縦の揺さぶりたいのでドロップショットが必要になってきますね。

 

その練習をボレストで練習をしたいですね。

ドロップボレーは本番ぶっつけではできない高等技術なのでラリー練習でしっかり自信をつけられるようにしましょう。

この練習の段階であなた自身のボレーがライン際に入ってるのを惚れ惚れと見送って、ただ立っているという癖はつけないようにしたいですね。

 

ロブを上げてくるタイミングを予測する

ロブ 予測

相手がいつロブをあげてくるかの予測の練習ができます。

あなたがローボレーで体勢を崩されてしまった後にロブが来るのか?

その場合あなたがバックハンドローボレーをさせられたらもう一回バックハンドの方にロブが上がるのか、それともフォワーボレー側に上がって来るのか。

その場合はどのような体捌き(フットワーク)をするのか、などのシュミレーションをこの練習の時に行いたいですね。

撮影コート

荒川自然公園

https://www.tennisbear.net/blog/169

 

ボレスト キャッチアイ
【テニス】ボレスト:「状況を想定して練習したい!!」単純な練習にしないでゲームをイメージしてストロークをしようこんにちは、中村です。 ボレー対ストローク(ボレスト)は皆さんも日頃の練習や試合前のアップでも行うと思いますがテーマを持って行うと...
まとめると。。。

ボレーヤーはゲームに必要なスキルをラリーの中で練習できるようにしよう。

安定的に深いボレーを打つようにする

ドロップショットを練習する

相手がロブを打ってくるのを予測する

そのためには「この練習では何を取り組んでいるか」の目的意識をはっきりと持ち、モチベーションを高めて練習に取り組む

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA