今日のコーチング

【ボレスト】ゲームをイメージしてストロークをしよう

ボレスト キャッチアイ

こんにちは、中村です。

ボレー対ストローク(ボレスト)は皆さんも日頃の練習や試合前のアップでも行うと思いますがテーマを持って行うと、とても奥深い練習になります。

あなたはボレストの質を上げて練習をしていますか?

 

アイディアを出し合って質の高いボレストにする

ボレスト 

ボレストは各ショットの基礎を一通りマスターしたらどのレベルでも導入される代表的な練習ですね。

もちろん、シングルスに限らずにダブルス(ペアボレー、ペアストローク)でも行えます。

取り組む選手のレベルが上がるほど色々なバリエーションを加えていける練習です。

目的を持って取り組むプレーヤー
目的を持って取り組むプレーヤー
速いペースのストロークの中で緩急をつける練習をしたい

このプレーヤーはレベルの高い選手ですが、この様に目的を持って取り組むとより練習が効果的になると思います。

また、ボレストはストローク対ストロークよりもプレーヤー同士の距離が近いですね。

その為、あなたが打ったボールが速く返ってくるので自然と構えやフットワークなどをスピードアップしないといけません。

いわゆる「やる気スイッチ」が自然に入ります。

レベルの高いプレーヤー同士が行うとラリーのリズムも一定になりやる気スイッチの上に心地よさも上がってきます。

私が自分の練習をする時にはボレストをしっかりと行ってから本格的な練習に入っていきます。

今回はシングルスでストローカーの目線から考えてみたいと思います。

 

alt="アングルショットに打つ"
【シングルス】「作戦を立ててプレーをしたい!!」と思ったら覚えておきたいこと。シングルスの打つコースを覚えて自分なりの作戦を立てられるようにして「省エネ」をして勝てるようにしたいですね。...

ストローカーから見たボレストの練習

ストローカーの視点から練習のバリエーションを考えてみましょう。

ここで一息

ストローカーがボレーヤーに向かって打つことを「突き球」、ストローカーがロブを上げること「突き上げ」と表現するコーチもいます。

 

相手の足元にコントロールする

足元への配球

実践的な練習になります。

ずっと足元に打つのではなく足元に打つのと相手のボディに打つのをミックスして打ち分けられる様にします。

私は相手のボディ→ボディ→足元など一定のリズムで緩急をつける練習をしています。

この練習に取り組む時には飛んでくるボールに対して適切な球種で打てているか、状況にあった打点で捉えてられているかも確認したいですね。

表紙
パートナーのボレーを導くためのストローク術を考えよう!! こんにちは、中村です。 今回は雁行陣対平行陣の時のストローク術について考えてみたいと思います。 自分がストローカーの時に...

「深く打つ」を意識する

軌道と距離

これは主にシングルスを想定した練習になると思います。

「足元に打つ」は相手をベースラインにいる状況に置き換えてみると距離が短くなってしまっているので相手は踏み込んで打てることになります。

この練習では相手にローボレーさせないことを意識してラリーをしてみましょう。何回連続で相手のシャツにコントロールできるか、を目的にして取り組みます。

何回の目標を設定して、ボレーヤーのシャツ(胸元)に設定した回数のボールを集めることができたら、ボレーのスピードを速めてもらうなどして負荷を変えていきましょう。

ロブを打つタイミングを測る

ロブを打つ

こちらはより実戦的になります。

相手の今の状況を見極めてロブを打つタイミングを計る練習になります。

その状況とは

相手の体勢が崩れているのか、又は良い姿勢で構えられているのか

 

相手がネット前まで詰めてきている状況なのか、それともサービスライン付近でロブを待っているのか

 

などが考えられます。

もちろん、あなたが足元に配球をして、相手の姿勢を崩してからロブを打つなどの緩急のバリエーションの練習もしたいですね。

alt="下がって打つ"
【ロブ】ポジションを下げてディフェンスする時に気をつけたい3つのことシングルスにおいてベースラインより下がって打つのは自分がディフェンスに回ることですね。できるだけ攻めさせないように打つことを考えてみましょう。...

 

まとめると。。。

今回記事にしたボレストのバリエーションは一例となるので皆さん自身で「ここを意識的にやりたい」と思うアイディアを出しながら練習に取り組んでみてください。

その時には目的意識をはっきりとさせてから取り組むと習熟度が変わってきます。

その目的意識が飛んでしまったら一度、深呼吸をしてから再度、取り組む様にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
定期的に記事のアップ状況をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です