運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

初心者が楽しむための基礎知識

【初心クラス】いつもネットしないスマッシュを打ちたい!! 打点までボールが飛んでくるのを待って無理のない打ち方を理解しよう。 

こんにちは、中村です。

基本的なスマッシュの打ち方について考えてみたいと思います。

あなたはいつも自信を持ってスマッシュを打てていますか?

 

スマッシュはボールを持ち上げる感覚で打とう

ストロークに比べて打つ回数が少ないスマッシュは自信をつけるのには時間のかかるショットですよね。

スマッシュの基本はボールを下に打ち降ろすのではなく、上へボールを持ち上げるという考え方を覚えておいてください。

気が付いたプレーヤー
気が付いたプレーヤー
あれっ?ボールを持ち上げるの?

スマッシュは攻撃的なショットではありますが、私たちの前にはネットがあります。

いくら力いっぱいスイングしてもこのネットを越えない限り失点となり、がっかりすることになります。

そのため打ち降ろすではなく持ち上げてネットを越えるように打たなければなりません。

上に向かってスイングしている最中にボールを捉えると考えると持ち上げるをイメージしやすいと思います。

スマッシュのグリップを確認しよう

グリップ

スマッシュはボレーやサーブと同じ様にコンチネンタルグリップで持ちたいですね。

上の写真のようにグリップの角に番号を振ります。

手のひら

右利きの方の場合は1番と2番の間のグリップ面に右手の人差し指の下にある膨らみと小指の下の延長線上にある膨らみを両方載せられるようにして握ります。(赤丸でくくったところになります。)

左利きの方は7番と8番のグリップ面に左手のそれぞれの膨らみを乗せることになります。

コンチネンタル グリップ

握った時に人差し指と中指の間が少し隙間ができていると思いますが、それは問題ありません。

この遊びがあるおかげで手首の可動域が広がり、しなりのあるスイングができます。

キャッチアイ 初心者
【初心者レベルを卒業しよう】ボールのバウンドをよく見てラリーを続けようこんにちは、中村です。 今回は初心者の人向けになります、それ以上のレベルの方にも復習の意味で参考になれば幸いです。 初心者ク...

スマッシュのボディターン

スマッシュ 構え

まず最初に行う動作としてはネットに対して横を向くことですね。

ここで気をつけたいのは肩を意識してボディターンをするのではなく、腰を回して自然に横を向くようにしてください。

 

スマッシュ 構え

横を向くと同時に両腕を上に持ち上げます。

この時に写真の様に前肩→後ろ肩→後ろ肘(右利きの人は左肩→右肩→右肘)がまっすぐの状態でボールが飛んでくるのを待ちましょう。

 

そしてボールが飛んでくるタイミングに合わせて踏み込みを開始します。

スマッシュのインパクト

スマッシュ打点

ボールを捉えるのは体の軸がブレないところになります。

そう考えると頭の上が最適な打点と言えます。

打点までボールが飛んでくるのを待てないと前肩が落ちた状態や、体が開いて打つことになってしまいエネルギーを効率よくボールに伝えることができません。

ボールの下に入って打ちましょうというのはこのためですね。

 

上にスイングをしてボールを持ち上げる

スマッシュ

ボールが打点まで飛んできて、打つときに意識したいのは肘から上に振り上げてボールを持ち上げることです。

ここで肘を前に振り出してしまうと前肩が落ちてしまったり、一番高いところで捉えられなくなってしまいます。

ネットミスの原因になってしまいますので上にスイングすることを覚えておいてください。

 

キャッチアイ フォワーハンド
【初心クラスから卒業しよう】綺麗なフォワーハンドを打ちたい!!それなら基本的な体の動きをマスターしようこんにちは、中村です。 今回はフォワーハンドの打ち方を解説したいと思います。 これからテニスを始めようと思っている人、すでに...

スマッシュのフォロースルー

スマッシュ 後ろ足

スマッシュを打ち終わった後は右利きの方は左腰(左利きの方は右腰へ)にラケットを持っていきましょう。

最後は後ろ足のカカトが上がって終わるようにします。

スマッシュは腰を回転させて打つので、足の裏が地面についた状態でのボディバランスがグラつきを防ぎます。

キャッチアイ バックハンド
【初心クラスから卒業しよう】綺麗なバックハンドを打ちたい!! それなら体の動きを理解しよう。こんにちは、中村です。 前回はフォワーハンドについて解説をしました。 今回はバックハンドについて触れてみたいと思います。 ...

 

まとめると。。。

スマッシュは力が入るショットなのでつい打ち下ろしたくなりますが、ネットから遠くになるにつれてネットにかかる確率が上がってしまいます。

そのため、ボールを持ち上げることを忘れないようにしたいですね。

グリップはコンチネンタルで握る

ボディターンは腰から自然に横を向くようにする

前肩、後ろ肩、利き手の肘は一直線上にセットをする

インパクトは頭の上にする

肘から上にスイングをし始める

フォロースルーは後ろ足のカカトを上げてバランスをとる

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です