運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

コンディション

寒い時の練習は「着る」、「脱ぐ」をこまめに行おう。

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

12月も中旬に入り、今年も残すところわずかになってきましたね。

スポンサーリンク

寒いけどやっぱりテニスはインドアだけではなく、アウトドアでも行いたいと思っている人も多いと思います。

スポンサーリンク

特にジュニア選手や区民大会などに参加している一般の選手は冬といっても試合は予定されているので外で練習することも多いと思います。

スポンサーリンク

そこで確認したいのは寒さ対策ですね。

スポンサーリンク
あなたはどの様な寒さ対策をしていますか?

ウオーミングアップはしっかりと行うこと

ウオーミングアップはいつの季節もしっかり行う必要があります、特に気温が低い時には筋肉や関節が硬くなっています。

スポンサーリンク

この様(冬場)な状況でウオーミングアップも適当にして十分に体が温まらないうちに一面練習などの激しい練習に入ってしまうと捻挫や肉離れなどのケガに結びついてしまいます。

スポンサーリンク

静的ストレッチ、動的ストレッチとエクササイズ(コートランニングやラインタッチなど)と徐々に負荷をかけてアップをして行きます。

スポンサーリンク

これは練習に入る前の前提条件となり、そのあとにショートテニスなどのボールを打ち始めます。

スポンサーリンク
ショートテニス表紙
その日の練習をより効率アップさせるショートテニスのしかた こんにちは、中村です。 今回はショートラリーの取り組みかたについて考えてみたいと思います。 あなたはショートラリーは...

フリースなどのアウターを着ている様でしたら、一枚脱いでも良いくらいにしっかりと体を温めてから本格的な練習に取り組むようにしたいですね。

スポンサーリンク
アップもしないで「厚着をしてきたから大丈夫!!」というわけではないので、そこは誤解しない様にしてください。

 

最初はたくさん着込んでおこう

うっかりプレーヤー
うっかりプレーヤー
動けばすぐに暑くなるから薄着でもいいや

スポンサーリンク

この様な考え方はあまり感心できませんよね。

スポンサーリンク

確かに薄着の方が荷物も少なくて良いのですが、練習の前に室内から出てきて外でプレーをする場合は気温差に体への負担を考えないといけません。

スポンサーリンク

また、体の芯から体が冷えてからウオーミングアップをすると余計に時間がかかってしまいますよね。

スポンサーリンク

最初は厚着をしてプレーに入りましょう。

スポンサーリンク

アウトドアメーカーの着るものは質が高い

テニスの時にはテニスのメーカーだけ、とこだわらないのであればアウトドアのメーカーから出ている防寒着は優秀です。

スポンサーリンク

アウトドア用品は冬の山登りなども想定して開発されているので丈夫で軽く、保温性も高いです。

スポンサーリンク

最近はフィットネスでもアウトドアでもデザインが近くなっているのであまり違和感を感じないと思うので気になる人はアウトドア用品をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ちなみに私はPatagoniaのフリースがお気に入りです。

スポンサーリンク

Patagoniaのフリースはこちらから

スポンサーリンク

暖かくなったら徐々に脱いで行こう

寒さ対策

ウオーミングアップも終わり体も温かくなってきたら、着ているものを徐々に脱いで行きましょう。

スポンサーリンク

今ではシャツの下に着る肌着やタイツの様なインナーもたくさんのメーカーから出ています。

スポンサーリンク

風を受けても体温は下がって行きますからインナーを着て直接、外気に肌がさらさない様にしましょう。

スポンサーリンク

それでも寒い場合は体調に合わせて無理をしない

日差しの出ている明るい時間ではそうでもないのですが、日中に曇り空だった夜や北風が吹いている場合、夜のハードコートでは無理に着ているものを脱がずに体調に合わせて着たり脱いだりしましょう。

スポンサーリンク

寒くなったらすぐに着込む

ベンチの上の雪

ラリーなどの練習になるとあなたが打たない時間やボールを拾っている時間が増えると思います。

スポンサーリンク

プレーをして汗をかくとシャツが濡れた状態で風にあたると寒さを感じます。

スポンサーリンク
そのせいで体調を崩してしまう前に、アップなどを上に着て体を冷やさない様にしたり、着替えをして体温を下げない様にしましょう。

 

終わった後のストレッチもしっかり行う

ストレッチは体の血行を良くしたり、ケガの予防に繋がります。

スポンサーリンク

練習が終わったら「う〜、寒い!!」と言いながら室内にこもってスマホを見始める前に体のケアをしっかりして行いましょう。

スポンサーリンク

ストレッチはできれば室内で、その場所がない場合は着込んでから行いたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まとめると。。。

暑さ対策と同じ様に寒さ対策もしっかりしてケガの防止や風邪などをひいて体調を崩さない様にしましょう。

スポンサーリンク

冬は室内から外の気温差があるので最初は厚着をして練習に入る

スポンサーリンク

ケガなどの防止のため、静的、動的のストレッチやウオーミングアップをしっかり行う

スポンサーリンク

体が温かくなってきたら徐々に脱いでいき体温調整をする

スポンサーリンク

プレーをしていない時には一枚上に羽織って寒くならない様にしよう

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です