運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【ダブルス】パートナーがロブを取れずにフォローしたけど、その後の展開がわからない!!台形のフォーメーションを覚えておこう

こんにちは、中村です。

雁行陣でラリーをしていたらパートナーの方にロブを打たれた、そんな時にはフォローをしにいきますよね。

あなたは台形のフォーメーションを知っていますか?

陣形を崩されても慌てないで様子を見よう

相手の後衛が打ってきたストレートロブで陣形を崩されるのはピンチになります。

このピンチから攻め込まれない様にするには、パートナーをフォローするあなたがどれだけ落ち着いて周りをみられているかが鍵になります。

打点を落としても2バウンドしなければ失点にはなりません。

しっかりとボールを見て、打つ前に相手ペアが次のポジションに移っているか、相手ペアはどこにいるかを把握したいですね。

キャッチアイ ダルブス
【脱!!初心者クラス】前衛と後衛はどんなことに気をつければ良いの?それぞれの役割を理解して雁行陣をマスターしよう。こんにちは、中村です。 初心、初級者クラスでは雁行陣のダブルスの基本的な動き方を指導されます。 しっかり理解してスムーズにレ...

台形のフォーメーションになったら後衛が気をつけること

台形 斜め後ろ

バウンドを予測して斜め後ろに走ろう

ここで気をつけたいのは相手が打ってくるボールの高さからボールがどれ位まで跳ねる(バウンドする)のかを予測して斜め後ろに走るようにしましょう。

バウンドを計算に入れないでラインに沿ってまっすぐ走ると力の入らない高さでボールを捉えてしまうことになります。

力が入らないとボールは短くなったり、弱い返球になってしまうと相手の前衛のボレーに捕まってしまいます。

ここで覚えておいて欲しいのはボールを膝下まで落として低い打点で打つと、その分だけ相手がボールを打つ時間を遅らせることができます。

 

そのため、あなたがピンチの時には打点を落として相手の速く攻めたい気持ちをはぐらかす様にしましょう。

キャッチアイ 初心者
【初心者レベルを卒業しよう】ボールのバウンドをよく見てラリーを続けようこんにちは、中村です。 今回は初心者の人向けになります、それ以上のレベルの方にも復習の意味で参考になれば幸いです。 初心者ク...

ストレートに打ってからラリーを展開をする

台形のフォーメーション 返球

あなたが一生懸命にボールを追っかけている時に相手の前衛は

相手の前衛
相手の前衛
相手の陣形が崩れた!!
これはチャンス!!!

と考えていると思って間違いありません。

反対のサイドに走らされた時でもまず相手の後衛の方へ打ち、相手の前衛の一次攻撃を逃れましょう。

この後は落ち着いて展開を変えられる状況になるまでしっかりとストレートラリーをしましょう。

この時に気をつけたいのはストレートでラリーするということはクロスに打ち返せる距離(スペース)より短くなります。

そのためクロスと同じ距離感で打つとうっかりミスになってしまうのでいつもよりスピンを多くかけてアウトになるのを防ぎましょう。

台形のフォーメーションになったら前衛が気をつけること

台形 前衛

ポジションチェンジしたらサービスラインをまたいで構える

あなたの頭上にロブを打たれて、パートナーがフォローしてくれたのを確認してポジションをチェンジします。

その後、あなたはサービスラインの上に立ち、相手の後衛がラリーをする時にプレッシャーをかけましょう。

もちろん、前後の動きをして相手の前衛がボレーしてきても対応できる様にしましょう。

キャッチアイ フォワーボレー
【初心クラスから卒業しよう】カッコいいフォワーボレーで決めたい!! それならば体の動かし方を理解して正しいフォームを身につけようこんにちは、中村です。 今回はボレーの基本について考えてみたいと思います。 あなたはボレーを無理なく打てていますか? ...

ミスを誘うためにフェイントを入れてプレッシャーをかけ続けよう

台形 フォーメーション前衛

しっかり者の前衛
しっかり者の前衛
ポーチに出るフリをして更なるプレッシャーをかけよう

サービスラインに立って相手の後衛にプレッシャーをかけて続けますが、ただ前後の動きをするのではなく、さらなるプレッシャーをかけたいですね。

そこで実際にボレーに出るわけではないのですが、相手にプレッシャーをかける手段としてポーチボレーに出るフリをしましょう。

いわゆるフェイントですね。

フェイントで相手がサイドアウトなどのミスをしてくれたらそれに越したことはありませんし、コントロールが緩んでチャンスボールになり、ボレーで得点に結びついたら成功と言えます。

相手がフェイントにかかったと気持ちがはやって、ボレーを打つ時に慌ててミスをしない様に基本通りに前に踏み込んでネットミスを防ぎましょう。

表紙 コンチネンタル
コンチネンタルグリップの持ち心地に慣れよう こんにちは、中村です。 今回はグリップの矯正について考えみたいと思います。 あなたは適切なグリップでプレーできていますか...

 

まとめると。。。

台形のフォーメーションになっても落ち着いて「今は何をすれば良いのか」をしっかりと頭に入れておき、その後の展開を慌てずに進めたいですね。

【後衛の時に気をつけたいこと】

ボールのバウンドを予測して斜め後ろに走ること

最初の返球は後衛の方に打ち、相手の一次攻撃を回避する

【前衛の時に気をつけること】

ポジションチェンジをしたらサービスライン(中央線)に構えて相手の後衛にプレッシャーをかける

フェイントを入れてさらにプレッシャーをかけて甘い返球になったらためらわずにボレーをしに行く

 

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です