今日のコーチング

【ストローク】相手にコースを読まれない様に後ろ足からボールに近寄ろう

ストローク コースを隠す

こんにちは、中村です。

ストロークでは展開によってはクロスからストレートに、ストレートからクロスに、とコースチェンジすることは多々あります。

できるだけ相手に分かられない様にチェンジコースをしたいですよね。

あなたはコースチェンジをする時にどんなことを気をつけていますか?

 

同じリズムでボールに近寄ろう

お悩みのプレーヤー
お悩みのプレーヤー
ストレートに打つ時にはいつも焦っちゃうんだよな〜

クロスに打つ時にはゆっくり余裕を持ってボール(打点)に入れるのにストレートに打つ時にはボールに近寄りすぎたり、前のめりになってしまったりと明らかにリズムが変わってしまう人がいます。

少しでもカンの良い選手はこれだけで「ストレートに打ってくる」と見抜かれてしまいますね。

分かられてしまうと相手も対策を練ってきますよね。

そこからの展開も限定的になってしまうのでジリジリと相手に主導権を取られてしまいます。

そのためにはいつも同じリズムでボールの横に入る様にしたいですね。

後ろ足でボールとの距離感をつかむ

踏み込み 軸足

いつも同じリズムでボールに近寄るために、後ろ足から近づいてボールを打つ様にしたいですね。

踏み込み足がスムーズに前に出せる

後ろ足を軸にすると前足の踏み込みがスムーズに前に出せます。

踏み込み足をスムーズに前に出せると、そのまま体重移動がスムーズにできることになります。

相手が踏み込んできたボールに対して手打ちにならずにしっかりと体全体で打てる様になります。

前に踏み込むことができると相手から見ると自然とボールが体の横に入るので必要以上に肩を入れてコースを隠す行為をする必要がなくなります。

パッシングショット キャッチアイ
【パッシングショット】サイドアウトしないために意識したいことパッシングショットをストレートに打って成功するととても気持ちが良いですが気をつけたいのは振り遅れですね。それを防ぐためには「ボールに寄る」ことが大切になって来ます。...

踏み込みを斜め前にしてしまうと

フットワーク

踏み込み足が斜め前にしてしまうとボールと体の距離を調整するために腰を曲げて行うことになります。

また、腰が曲がることで姿勢が前のめりになると膝が曲がった感覚になり、そのことに気がつきにくくなります。

この状態ではいわゆる「腰高」になることが多々あります。

 

その影響は相手が深いボールを打ってきた時に体重を乗せて打ち返せなくなったり、後ろに仰け反りながら打つことになります。

これは相手にとって主導権を握るチャンスに結びついてしまいますよね。

ランニングショット キャッチアイ
【シングルス】ランニングショットをイメージ通りに打つなら打点と姿勢を気をつけよう。ランニングショットを打つ時に気をつけたいのは打点をボディバランスですね。 ただでさえ移動しながら打つのでこの二つがブレやすくなります。 練習から意識してほしいことを書きました。...

打つ前に腰を落として持ち上げる力を利用できる

フットワーク

前に踏み込むことができるとボールより腰を下に(沈み込み)できます。

そして、テイクバックからインパクトにかけて地面を蹴って反動を得る動作が加わるので自然にボールを持ち上げることができます。

もちろん地面を蹴る行為はヒップローテーションのアシストにもなります。

つまり、腕だけではなく体全体でスピンをかけることができます。

相手のパワーショットに対してもしっかりとボールを捉えることができるので吹かさない様に対処できます。

ランニングショット キャッチアイ
【シングルス】ランニングショットをイメージ通りに打つなら打点と姿勢を気をつけよう。ランニングショットを打つ時に気をつけたいのは打点をボディバランスですね。 ただでさえ移動しながら打つのでこの二つがブレやすくなります。 練習から意識してほしいことを書きました。...

 

まとめると。。。

クロスでもストレートでも打つ時には同じリズムでボールに入り、コースチェンジをする時には相手に読まれない様にしたいですね。

後ろ足からボールに近寄り

前方向に踏み込み足を出し

スムーズな体重移動をできる様にする

腰を落として地面からエネルギーをもらう時にボールをしっかり捉えて吹かさないようにする

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
定期的に記事のアップ状況をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です