運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【シングルス】ランニングショットをイメージ通りに打つなら打点と姿勢を気をつけよう。

こんにちは、中村です。

シングルスにおいてクロスラリーや相手がバックハンドを重点的に攻めてくる展開があります。

ニュートラル(相手とあなたの均衡を保っている状態)の展開が保てずにあなたのボールがゆるくなり相手がオープンコートへ打ってきたとします。

基本通りにそのまま止まって打てる位の精度のボールならあまり問題ありません。

しかし、相手のショットのコントロールが良く、ライン際に打ってきた場合にはランニングショットを打つ事があると思います。

その時にボールが短くなってしまったり、ネットにかかってしまったりすることはありませんか?

あなたはランニングショットの時に何を気をつけていますか?

 

ランニングショットと通常の移動して打つストロークでは心の持ちようが変わってくる

試合中では1ポイント毎に勝ち負けがつき、点数が動きます。

ランニングショットを打たざる得ない状況では多くの場合、あなたは追い込まれているシチュエーションだと思います。

この追い込まれている状態では通常より落ち着きがなく、普段では気をつけていることが疎かになっていることがあります。

その心の状態にミスをする不安要素がいくつかあります。

不安要素を考えてそれを取り除けばミスをする確率を抑えられると思います。

ランニングショットでは速く走りすぎて打点に近寄り過ぎる

左足を踏み込んでタメを作っている

 

ランニングショット

レッスンや試合を見ていると、この調整がうまくいかずに打点の根詰まりをしてますます良くない展開になってしまう選手を見かけます。

あなたは走らされている状態なので「より良いボールを返さないと次のショットで相手にポイントを取られるかも」という危機感が発生します。

いわゆる緊急事態なのでダッシュしますが、ダッシュしてスピードを上げた分だけブレーキをかけても(止まる時)惰性が生まれてしまいボールと体の距離感にブレが生じます。

そのため、普段の練習から体と打点の距離感をしっかり把握して感覚として落とし込んでおく必要があります。

また、ボールのスピードに対してどれ位の速さで走れば良いのかも考えておきましょう。

ランニングショットは打点がブレないように斜めに走る

右足を踏み込んでインパクトする

 

ランニングショット

相手が打ってきたボールは跳ねるのでそのことを計算に入れて走る必要があります。

と言うことは走る時にはベースラインに沿って真横に走ることは以外に多くはありません。

斜め後ろか緩やかな斜め前に走ることになると思います。

私の場合は相手の返球をショートバウンドで打ち返すことを選択したら斜め前に入って打ちます。

ロブや高いボールを打って時間を作りたい時には斜め後ろに走ることを選択します。

「ボールは弾むもの」と言うことを前提に入れてボールを追いかけるようにしましょう。

 

ランニングショットではボディバランスを大切にしよう

打った後に左足を再度出してセンターへ戻れるようにする

 

ランニングショット

どんなボール、状況でも言えることですが力の入ったボールを打ちたくても自分のボディバランスが崩れていたら有効打はあまり打てません。

いわゆる「お辞儀をして打つ」のはヒップローテーションが上手くいかずに力を加えることが難しくなってしまいます。

また、体の後ろに体重が乗っているとまともにボールを捕まえることができずに吹かしてアウトしてしまいます。

仮に力ずくでボールを打ってもイメージ通りのコースにボールが飛んでくれずに相手の打ってくるボールでさらに追い込まれイライラがつのってしまうことになります。

alt="アングルショットに打つ"
【シングルス】「作戦を立ててプレーをしたい!!」と思ったら覚えておきたいこと。シングルスの打つコースを覚えて自分なりの作戦を立てられるようにして「省エネ」をして勝てるようにしたいですね。...

それを防ぐためにオープンスタンスから打つ動作に入って、体重移動をしながらボディバランスを保って打ちましょう。

各項目にのせた写真に番号を振りました。(右利きの選手は左と右を置き換えてください)

左足を踏み込んでタメを作っている

右足を踏み込んでインパクトする

打った後に左足を再度出してセンターへ戻れるようにする

インパクトの時には必要以上に上にジャンプをしないでラケットを上に持ち上げられる様に重心を低く保ちましょう。

 

まとめると。。。

まずは気持ちの昂揚をできるだけ抑えて落ち着いてボールを見れる様に心がけましょう。

ランニングショットを打つ時にはボディバランスと体とボール距離から逆算してブレーキをかけるようにしましょう。

オープンスタンスからボールを打つ動作に入りボディバランスを保ちましょう。

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です