運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【初心クラスから卒業】ウオーミングアップのボレーボレーはネット手前で行うのではなくサービスライン付近でできる様にしよう。

こんにちは、中村です。

初心者クラスは大人のクラスに限らずに中高生からラケットを握った生徒のためのクラスもあります。

そのレッスンの最初やボレーの練習の時にボレーボレーをすると思います。

初心者の皆さんはどの位置でボレーボレーをしているでしょうか?

あなたは距離を保ってボレーボレーをできていますか?

 

ネット前から離れて距離を出せるボレーを身につけよう

フォワーボレー

ネットの目の前でボレーボレーをしていると確かにボールは繋がります。

しかし試合の最中にネットの手前でボレーをすることはそう多くはありません。

言い換えるとここ(ネットの目の前)でボレーをしているとグリップを厚く握ってしまったりレベルアップのスピードを妨げる要因になります。

 

ラケットを握って間もない時にボレーの感覚に慣れるという目的でネット間近でボレーボレーをするのは良いと思います。

しかし、ある程度ボールを打てる様になってもずっとネット前でボレーボレーをし続けるのはあまり良いとは言えません。

そのため、ウオーミングアップの時でもネットから離れて距離でボレーボレーをできる様にしていきたいですね。

コンチネンタルグリップに慣れよう

コンチネンタルグリップ

最初のつまずきになり易いのがコンチネンタルグリップで持たないでボレーを覚えてしまうことです。

確かに初心者の段階では厚くグリップを握った方が簡単の様に思います。

しかし、それは打点が前過ぎたり正面を向いた状態でボレーをするなど後々のレベルアップを遅らせる要因になります。

「急がば回れ」の諺がある様に最初からコンチネンタルグリップでボレーに取り組みその後を考えて取り組みたいですね。

表紙 コンチネンタル
コンチネンタルグリップの持ち心地に慣れよう こんにちは、中村です。 今回はグリップの矯正について考えみたいと思います。 あなたは適切なグリップでプレーできていますか...

正面を向いたボレーから卒業をしよう

失敗ボレー

前述をしましたが癖になってしまうとなかなか取れないですね。

正面を向いたままだとラケットヘッドが確かに上の状態を保てますがコンチネンタルグリップで持つことができなくなります。

また浮いたチャンスボール(ハイボレー)の時に力んでしまい腰が折ってラケットを大振りしてしまい大幅なアウトをしてしまう原因になります。

ラケットヘッドが下がりっぱなしにならない様にする

フォワーボレー 失敗

特に非力な学生や女性に見かけます。

ラケットが重いせいか、ラケットヘッドが下に垂れ下がったままボレーをしている人がいます。

これはボールを受けるたびにラケット面が歪み、ボールをコントロールすることが難しくなります。

また、ラケットヘッドが下がった状態でボレーを続けていると手首に過度の負担をかけてしまい腱鞘炎などを引き起こしてしまう恐れがあります。

腕をまっすぐに伸ばし過ぎてボレーをしに行く人にラケットヘッドが落ちている時が見受けられます。

構えの段階から少し腕を折ってボレーをする様にしましょう。

キャッチアイ フォワーボレー
【初心クラスから卒業しよう】カッコいいフォワーボレーで決めたい!! それならば体の動かし方を理解して正しいフォームを身につけようこんにちは、中村です。 今回はボレーの基本について考えてみたいと思います。 あなたはボレーを無理なく打てていますか? ...

ボレーをしたら「構える」を習慣にしよう

構える

ボレーボレーを始める時には多くの人は相手のフォワーボレー側に球出しをします。

そこからボレーボレーを続けるとフォワーボレーを打つ回数が多くなります。

ボールを打てる楽しさからかつい夢中になるとバックボレーへのケアが疎かになり、フォワーボレー側に傾いて構える人もよく見かけます。

また、フォワーボレーを繰り返して打っているとバックボレーには飛んでこないと根拠もなく思い込んでしまい、ついつい構えることを忘れてしまう様ですね。

しかし、ボレーにはバックハンドボレーもあるので打った後には必ず構えることをしましょう。

キャッチアイ バックボレー
【初心者クラスから卒業しよう】スマートにバックボレーで点を取りたい!! それならば体の動かし方を理解して正しいフォームを身につけよう。こんにちは、中村です。 バックボレーもフォワーボレーと一緒で攻めるためのショットになります。 姿勢の良いボレーでスマートに決...

 

撮影コート:東尾久運動場テニスコート

https://www.city.arakawa.tokyo.jp/a017/shisetsuannai/koukyoushisetsu/sports017.html

 

 

 

まとめると。。。

テニスを始めた時にはボレーボレーが最初のハードルになると思います。

しかし球出しで打つボレーとボレーボレーのボレーは一緒なので基本的なところをしっかり抑えてレベルアップをしましょう。

コンチネンタルグリップを使いこなす

正面を向いたボレーから卒業をする

ボールが繋がって楽しくなっても必ず構えることを忘れない

 

 

 

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です