運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

初心者が楽しむための基礎知識

【初心者クラスから卒業しよう】スマートにバックボレーで点を取りたい!! それならば体の動かし方を理解して正しいフォームを身につけよう。

こんにちは、中村です。

バックボレーもフォワーボレーと一緒で攻めるためのショットになります。

姿勢の良いボレーでスマートに決めたいですよね。

あなたは華麗なバックボレーに憧れますか?

 

背筋がピンと伸びていると見栄えがある

ネットプレーの上手な選手は基本的なことがしっかりと守られています。

それはフェデラーやナダルのようなトッププロではなくても、上級者クラスの生徒さんでも基本が守られていて、背筋がピンと伸びていると見栄えが良いです。

反対に背中が丸まっている選手は前傾姿勢になるので優雅なバックボレーとは言い難いかも知れませんね。

せっかくなら華麗なバックボレーをマスターしたいですね。

キャッチアイ 初心者
【初心者レベルを卒業しよう】もっとラリーをつなげられる様にしてレベルアップをするならボールのバウンドをよく見てラリーをしようこんにちは、中村です。 今回は初心者の人向けになります、それ以上のレベルの方にも復習の意味で参考になれば幸いです。 初心者ク...

 

コンチネンタルグリップを覚えよう

グリップ
バックアハンドボレーもコンチネンタルグリップを使います。

 

コンチネンタルグリップはサーブ、ネットプレーなど様々なショットで使います。

このグリップを習得することが後々のレベルアップには必須となるので、コンチネンタルグリップをしっかりとマスターしましょう。

手のひら

写真のように人差し指の下の土手と小指の延長にある赤丸の土手を上の写真のグリップの1番と2番の面に置くように握ります。(左利きの方は7番と8番のグリップ面になります。)

少し遊びができる

コンチネンタル グリップ

実際に握ってみると写真のように人差し指と中指の間に遊びが生まれます。

この遊びは手首の可動域を広めてくれるので問題ありません。

逆に考えるとこの遊びが生まれない握り方は手首の動きを制限されてしまうのでここでもう一度確認をしてください。

キャッチアイ フォワーボレー
【初心クラスから卒業しよう】カッコいいフォワーボレーで決めたい!! それならば体の動かし方を理解して正しいフォームを身につけようこんにちは、中村です。 今回はボレーの基本について考えてみたいと思います。 あなたはボレーを無理なく打てていますか? ...

軸足とボディターン

軸足から近づく

バックボレー 軸足

後ろ足が軸足となります。

スプリットステップの後、右利きの方は左足から最初の一歩目を動かします。

あなたからボールが遠くに飛んできた場合は大きく足を踏み込みます。

反対にあなたの近くにボールが飛んできたら軸足の小さく踏み込みをしてボールと体の距離の調整をします。

軸足を置くときには足が突っ張った状態にはしないで膝を曲げられる程度にリラックスした状態にします。

また、このときに同時に腰を入れて(回して)更に力を溜めます。

ボディターンで力を蓄える

バックボレー
ボディターンについてですが、腰を回してボディターンをする様にします。

 

肩を意識してボディターンをすると前肩が落ちたり、腰が曲がってしまうことがあります。

そうなると良い姿勢でボールを待つことができなくなってしまうのでそれは避けたいですね。

キャッチアイ バックハンド
【初心クラスから卒業しよう】綺麗なバックハンドを打ちたい!! それなら体の動きを理解しよう。こんにちは、中村です。 前回はフォワーハンドについて解説をしました。 今回はバックハンドについて触れてみたいと思います。 ...

インパクトについて

ボールを捉える位置

バックボレー インパクト

ボディバランスが崩れてしまうとせっかく軸足を作って蓄えた力が上手く引き出せません。

そのため、ボールを捉える打点は体が前のめりにならない様に体の横を打点にしたいですね。

ここで気をつけておきたいのは体が横を向いていないと腰が折れてしまいがちです。

しっかりとネットに対して横を向いてボールを待ちましょう。

 

踏み込み足

バックボレー 

踏み込み足はネットに向かって前に踏み込みます。

これは体全体でエネルギーをボールに乗せる体重移動を意識しての行動になります。

踏み込みのタイミングですが、ボールを打ち終わった後に踏む込みの動作が終わるようにします。

ボールが打ち終わるまでに踏み込みが終わってしまうと体重移動が打つ前に終わってしまうことになります。

それでは結果的に手打ちになってしまうことになります。

キャッチアイ フォワーハンド
【初心クラスから卒業しよう】綺麗なフォワーハンドを打ちたい!!それなら基本的な体の動きをマスターしようこんにちは、中村です。 今回はフォワーハンドの打ち方を解説したいと思います。 これからテニスを始めようと思っている人、すでに...
キャッチアイ バックハンド
【初心クラスから卒業しよう】綺麗なバックハンドを打ちたい!! それなら体の動きを理解しよう。こんにちは、中村です。 前回はフォワーハンドについて解説をしました。 今回はバックハンドについて触れてみたいと思います。 ...

まとめると。。。

バックボレーは手の甲で打つショットなので手のひらで打つフォワーボレーより力が入らないと思われがちです。

しかし、体全体でボールを飛ばすようにすればこの問題は解消します。

軸足からボールに近づきボディターンでさらに力を溜める。

インパクトは体の横で捉える、踏み込みはネットに向かって前に踏み込む。

ボールを捉えた後に踏み込みの幅を大きくして体重移動の流れを止めない様にする。

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です