セオリーと戦術、戦略

【シングルス】サーブの打つポジションを変えて得点パターンを手に入れよう。

サーブ 表紙

こんにちは、中村です。

サービスはポイントを始める上で最初のショットになります。

言い換えると攻めることができる最初のショットになります。

しかし、相手がグッドレシーバーの場合はサービスだけでは点を取れませんよね。

サービスを打つ場所はサービスボックスに限られていて、どれだけ強烈なサーブを打ってもここ以外に入らないと「フォールト」と言われてしまいますね。

力任せでサーブを打つのではなく目先を変えてサービスを入れる角度を変えてみませんか。

あなたはサービスの時に打つ位置を考えていますか?

 

サーブを打つポジションを変えるとどんなメリットがあるか

センターに近いところからサーブを打つのが一般的ですが打ちたいコースによってはセンターから打つと都合が悪い場合がありますね。

相手をコートの外に追い出すことができるワイドサーブがそれに該当します。

ワイドに打つサーブから考えてみる

ここではフォワーサイドで図の様に3つのポジションから同じポイントに打ったとする角度が少しずつ変わっていくのがわかります。

センターからのサービス 中間からのサービス ダブルスコートからのサービス

特に「a」と「c」を比べるとわかりやすいと思います。

図にすると大したことないかも思う人もいると思います。

確かに歩数にしたら大した歩数ではないと思いますが、レシーブする時にはおおごとですね。

とは言え、Cから打つとストレートサイドがガラ空きになり、リスクが高いのであまり現実的ではなくBの位置が現実的ではないでしょうか。

ではBからサーブを打ったらどんな作戦が生まれるでしょうか?

代表的なのは下の図になると思います。

サービスからの作戦

相手のバックハンドに強いサーブを打ち根詰まりさせます。

サービスからの作戦

そして相手が必死にオープンコートをカバーするために入っているのを見ながら落ち着いて逆をつくのがすぐにイメージしやすいと思います。(赤線)

Bからサーブを打つわけですから自分の方にボールが飛んできてくれます。

そのボールを飛んでくる方から飛んでくる方向へそのまま打てば良いわけです。

特別に回り込んだりする必要もなく基本的なフットワークでボールに近づけば良いわけなのでとても省エネで精神的なリスクも少なく点が取れる状態ですね。

これを繰り返していくうちに相手が逆をつくのに警戒しだしたらそのままオープンコートに打てば良いわけです。(黄色線)

私は左利きなのでフォワーサイドでこのパターンを使いますが、40-15などの次のポイントが欲しい時に使います。

alt="スライスサーブ"
【シングルス】左利きだったらこの2つのショットを磨き上げよう。左利きの選手だったらフォワーハンドとサービスを磨き上げることをお勧めします。これだけで有利に試合を進められます。...

相手にクリーンヒットさせないサーブ力が必要

相手を外に追い出すサーブを考えるとボールにスピードやキレが必要になります。

効果的なサーブはフラットだけではない

相手の手前で横に曲がっていくサイドスピンをかけたサービスもスイートスポットで打たせない手段としては効果があります。

フラットサーブだけだと単調になり相手に読まれやすくなるので、サイドスピン系のサーブとパワーで押すサーブを混ぜてサービスゲームの主導権を渡さない様にしたいですね。

繰り返しになりますが、角度を変えるということはそれなりにフォールトのリスクも伴ってくるので必要以上にスピードも求める必要はありません。

スピードプレースメント

あとは練習でサービスからの作戦をイメージへ近づこう

理論の覚えたら実戦へ

と、その前にどれ位センターマークから離れてサーブを打つことができるかは実際のオンコート(練習や試合)での実験になります。

ダブルスコートから打つとストレートにレシーブをされたり、ドロップショットのような短いレシーブをされると大変なので図のBを中心に考えを立てていくのが良いかと思います。

「うまい選手だね」から「勝てる選手」へ住所変更しよう!!この二つの違いは勝敗を考えた時に大きな差になりますね。 あなたはどちらを目指しますか?...
まとめると。。。

サーブを打つポジションであなたの作戦のバリエーションが広がります。

また相手にクリーンヒットさせないためにサーブに威力が必要になります。

しかし、スピードだけにその答えを求めずに、球種、角度などを考慮に入れて打つ事を考えるとあなたの立ち位置を変えて打てる様にしたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
定期的に記事のアップ状況をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です