運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【ダブルス】何故かセンターを抜かれてしまう??アプローチショットを打ってからのポジショニングが合っているか見直そう

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

大会に出場するレベルになると雁行陣から平行陣へ戦術がシフトするペアが多くなると思います。

スポンサーリンク

前平行陣ではパートナーとのポジショニング(立ち位置)が大切になります。

スポンサーリンク
あなたはポジショニングを意識していますか

ポジショニングはバランスが大事

バランスとはどんな意味かというとあなたとパートナーの立ち位置です。

スポンサーリンク

少し目線を変えますが。

スポンサーリンク

具体的には平行陣を取られたストローカーの打てるコースは上の図の様になります。

スポンサーリンク
クロス

 

対角のボディ

 

センター

 

ストレートサイドのボディ

 

ダウンザライン

 

の5つのコースを2人でカバーをすることになります。

スポンサーリンク

ボディとクロスとダウンザラインは担当が分かっているのであまり問題はないと思います。

スポンサーリンク

問題はセンターです。

スポンサーリンク

センターは2人とも手が出るだけにどちらが手を出すかでラリーの主導権を相手に渡さないで済むかに関わってきます。

スポンサーリンク

そのため、センターをガッチリ固めて相手に主導権を渡さない様にしたいですね。

スポンサーリンク

今回はアプローチショットからのペアボレー、ペアストロークのドリルから考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

この練習は様々なレベルで取り組める練習なのでペアとの感覚を再確認するために取り組んでみてください。

スポンサーリンク

アプローチをクロスに打ったら

ダブルス ポジション

アプローチショットをクロスに打ったらあなたのポジションはパートナーより後ろに構えます。

スポンサーリンク
この際にはセンターへの返球はあなたではなく、パートナーに優先権があります。

 

パートナーがセンターへのボールに反応できなかったもしもを想定しておき、いつでもフォローできる様に意識を置いておきましょう。

スポンサーリンク

また、あなたが前衛にいた時にこのシチュエーションになった場合はセンターへのボールには一歩前に反応してから斜め前へボレーに行きましょう。

スポンサーリンク
【ダブルス:雁行陣】あれっ??今、私の横をボールが通過したのにポーチに出られなかった!!とならないために気をつけたいことこんにちは、中村です。 以前にポーチボレーやセンターに飛んでくるボールについて書いた記事がありますがそれは意識を変えることについて...

 

アプローチをセンターに打ったら

ダブルス ポジション

アプローチショットをセンターに打った場合にはあなたとパートナーとのポジション取りはお互いにフラットに構えます。

スポンサーリンク
この場合にはセンターへの優先権はお互いにあります。

 

センターへアプローチショットを打った場合には自然な反応としてセンターへの返球の確率が高くなります。

スポンサーリンク

その為、お互いに譲り合ってしまう「お見合い」が発生することもしばしばです。

スポンサーリンク
そうならないためにはお互いのラケットがぶつかる位に気持ちを「私が取る!!」の気構えでプレーすることが必要になります。

 

キャッチアイ 前衛
【ダブルス】パートナーのスマッシュが打つのにわたしはどうれば良いの?そんな時は一歩前に入って次の返球でポイントをゲットしよう。こんにちは、中村です。 あなたがアプローチショットから平行陣をとった時に相手がストレートロブをあげてきました。 パートナーは...

アプローチをストレートに打ったら

ダブルス ポジション

アプローチショットをストレートに打った際にはあなたはパートナーより前に出て構えます。

スポンサーリンク
この場合にはセンターへの返球を触る優先順位はあなたになります。

 

この時に気をつけたいのは受け身にならずに積極的にセンターへのボールへ関与したいですね。

スポンサーリンク

どうしてもセンターへの配球に物怖じしてしまう選手は

物怖じしてしまうプレーヤー
物怖じしてしまうプレーヤー
センターへのボールはミスを怖くて手が出せない(;_;)

スポンサーリンク

普段からセンターへのボールに苦手意識を持っている人はこの練習を機会に「ちょっとで過ぎたかな?」と思うくらいにセンターへのボールに関与してみましょう。

スポンサーリンク

結局のところミスを重ねて経験を積んでいかないと「どこまでがマイボール」かがわからないと思います。

スポンサーリンク
成功するための失敗と捉えて「ミスしても問題ない!!」と開き直ってセンターへのボールに関与していきましょう。

 

【ダブルス】センターに飛んでくるボールに手を出せない、考え方を見直してボレーに立った時に手を出せる範囲を覚えてストレスフリーになろう。こんにちは、中村です。 今回が前衛に立ったときによくあることについてです。 あなたはセンターに飛んでくるボールに手を出しています...

 

まとめると。。。

アプローチショットをどこに打つかによってパートナーとの位置関係は変わって来ます。センターをしっかり守って相手に主導権を渡さない様にしたいですね。

スポンサーリンク

クロスへアプローチをした場合にはパートナーより後ろに構える

スポンサーリンク

センターへアプローチショットを打った場合にはお互いのポジションは平行に構える

スポンサーリンク

ストレートにアプローチショットを打った場合にはパートナーより前にポジションを取る

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です