運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【テニス】ダブルスの前衛の動き方をマスターしよう!!パートナーのスマッシュに合わせて一歩前に入って決めに行こう。

こんにちは、中村です。

あなたがアプローチショットから平行陣をとった時に相手がストレートロブをあげてきました。

パートナーはスマッシュの構えをしています。

今回はそのあとの話です。

あなたはパートナーがスマッシュを打つ時にどんなアクションをしていますか?

スポンサーリンク



連携プレーで相手に息をつかせない

あなたのサーブまたはアプローチショットからそのままネットプレーへ展開したら相手がこの流れを嫌がってストレートロブを打ってきました。

あなたのパートナーがスマッシュを打つ体勢になります。

このスマッシュでそのまま得点をできたら問題はありませんが相手も守りを固めてそれを阻止しようとしますね。

弱気なパートナー
弱気なパートナー
お願い、スマッシュで決まってくれ!!

と希望的観測だけでは心もとないのでスマッシュを返球された時のことを考えて連続攻撃の準備をしておきたいですね。

キャッチアイ ペアボレー
【テニス】ダブルスの練習:「この状況ではどう考えているのかな?」ペアとの感覚を確かみたい時にオススメの練習テニスにおいてのパートナーとの相性は色々な見方があります。全てにおいてのバッチリな「神パートナー」を見つけるのはとても難しいので相手がどのような思考のクセを持っているのかを見定めましょう。...

パートナーのスマッシュにタイミングを合わせる

スマッシュと前担当
パートナーが打ったスマッシュに対し相手チームがなんとか返したボールをあなたが前に詰めてボレーで決める連続攻撃でポイントを確実にしたいですね。

 

そのためには

スマッシュを打つ前からネットに詰めない

パートナーがスマッシュを打つ構えが見たけどその瞬間に前に詰め始めてしまうのでどうでしょうか?

相手もあなたの動きを見る時間はあるので前に詰めるのが速すぎると勢いのないロブでも逃げることができてしまいます。

そうなると折角スマッシュで追い詰めてもまた展開を作り直すことになってしまいますね。

そうならない為にもパートナーがスマッシュを打つタイミングを見計らって前に詰めるようにしたいですね。

スポンサーリンク



飛んで行くコースへ一歩前へ反応をする

パートナーがスマッシュを打つコースを確認できたらそのコースへ一歩前に出るようにしましょう。

この様に考えるとスマッシュはセンターに打ってもらうとあなたはそのまま前に反応をすれば良いので効率的ですね。

ここで気をつけたいのはパートナーのスマッシュが相手にとって返しやすいコースに入ってしまうとあなたの横や上をボールがすり抜けてしまいます。

もし、パートナーのスマッシュが相手のフォワーボレー寄りのボディショットだとそのままカウンターやロブで返ってきてしまうことがあるのでその時には気をつけましょう。

ハイボレー キャッチアイ
【テニス】ダブルス:どっちつかずの高さのボールが飛んで来た!!スマッシュとハイボレーの境界線はどこか?こんにちは、中村です。 皆さんはダブルスをプレーをしている時にネットプレーに行った時、無理やりスマッシュを打ってミスをしてがっかり...

フィニッシュでは力技よりプレースメントで決めにいく

スマッシュからの前担当

相手の立ち位置を見て冷静にボールを運ぼう

うっかりプレーヤー
うっかりプレーヤー
ああっ!!
スマッシュに合わせて前に詰めたのに力んでネットしちゃったよ

この様な後悔をしない様に相手の立ち位置を確認して冷静に力まず省エネでフィニッシュしたいですね。

そのためには相手の足元へ打つのではなく、相手を少しずらした場所へ打ちましょう。

前平行陣または、デッドゾーンに立っているならセンターへ深く

前衛のセンターへのボレー

相手ペアがネットに平行陣に立っていたらセンターへ深くボレーを流し込みましょう。

ここで短いボールをセンターへ打つと反応の良い相手だと打ち返されて逆にあなたがびっくりしてミスをしてしまうケースがあります。

そのため、センターへ打つ時には深く打って相手チームの譲り合いや取り合いを誘ってミスをさせたいですね。

【テニス】ダブルス:前衛に立った時に手を出せる範囲を覚えてセンターに飛んで来るボールに手を出せるようにしようこんにちは、中村です。 今回が前衛に立ったときによくあることについてです。 あなたはセンターに飛んでくるボールに手を出しています...

ベースラインに立っているなら角度をつけて

前衛の決めに行く角度

相手ペアがベースライン付近にいる場合には少し角度をつけてサイドに流しましょう。

この時に気をつけたいのはサイドラインのギリギリを狙いすぎてサイドアウトをしてしまうことです。

すでに前に詰めているのでシングルスアレーを狙うくらいに余裕を持って打ちましょう。

もし、相手の返球が勢いが無さすぎてローボレーになってしまった場合にはラケット面を上にしてバックスピンをかけてドロップショットにするアイディアもあります。

しかし、この状況でドロップショットは高等テクニックになるので自信の持てない場合にはセンターに深く打つことを優先順位にしましょう。

キャッチアイ ライジング
【テニス】ボレーのコツ:相手が足元に沈むボールを打ってきてワンバウンド処理を選択したら気をつけたいこと。こんにちは、中村です。 ダブルス、シングルス問わずにネットプレーに行った時に相手が足下にコントロールしてきたボールをどう処理するか...
撮影協力:日吉テニススクール
http://home.p00.itscom.net/hts/school.html
まとめると。。。

パートナーのスマッシュが一次攻撃になります。その後も連続攻撃としてあなたの前での動きが必要になってきます。

せっかくのチャンスを逃さずにポイントに結びつけたいですね。

パートナーがスマッシュを打つタイミングを見計らってから前へ詰める

スマッシュを打つ前から焦って前に詰めない

スマッシュのコースに向かって前に詰める

相手がネット上で構えていたらセンターへ深く打つ

相手がベースライン上で構えていたら角度をつけて決めに行く

※あまりサイドラインのギリギリを狙わない

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA