運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【サービス】練習だとサーブが入るのにいざ試合となったらダブルフォルトが止まらない!!イメージを取り込んで練習の取り組もう

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

練習の時には気持ちよくサーブが入るのに試合になるとダブルフォルトがたくさん出てしまうのは何でだろう?と考えてことはありませんか?

スポンサーリンク
あなたはサーブ練習の時にどんな事を気をつけていますか?

試合を想定してサーブ練習に取り組もう

疑問な生徒さん
疑問な生徒さん
試合になると練習の通りにサーブが入りません、多い時にはダブルフォルトが1ゲームに2回も。。。

スポンサーリンク

先日、レッスンの後にこんな相談を受けました。

スポンサーリンク

試合ではミスは即失点となりあなたにのしかかってきます。

スポンサーリンク

サーブも2回打てるというルールではありますが、例外ではありません。

スポンサーリンク

プレッシャーのかかる試合の最中で練習時の調子の良いサーブを打てる様に改善するのは難しい作業ですよね。

スポンサーリンク

そのため、普段の練習から取り組み方を考えていくのが大切かと思います。

スポンサーリンク

いつもラリー練習では試合を想定して行っていると思いますがサーブ練習では練習の合間の一息つく練習になっている人はいませんか?

スポンサーリンク

普段のサーブ練習から取り組み方を変える事によって試合の時にプレッシャーを余分に感じる事なく進める様にしたいですね。

スポンサーリンク
サーブ キャッチアイ
【初心クラスから卒業しよう】かっこよくて安定したサーブを打ちたい!! それならば力まずに反動を使ってボールを持ち上げよう。こんにちは、中村です。 安定してサーブを入れるのは最初は難しいですが、コツを抑えたらあとは簡単になってきます。 あなたはサーブを...

レシーバーをつけて練習をする

回り込みフォワーハンド

もし、複数の人数で練習をしているなら全員が一緒にサーブを練習するのではなく、レシーバーとサーバーに別れて実際にレシーバーをつけて練習に取り組んでみてください。

スポンサーリンク

どれくらいのスピンだと相手はクリーンヒットができるのか、できないのか。

スポンサーリンク

あなたのスライスサーブの曲がり具合だと相手にどんな効果があるか、などレシーバーが立っていないとわからないことがありますよね。

スポンサーリンク

ぼっち練習なら自分の頭の中でレシーバーをイメージして練習をする

もし、練習相手がいなくて一人でサーブ練習をする時はネットの向こうに相手を見立てて練習に取り組みましょう。

スポンサーリンク

相手を意識すると緊張感を感じながら練習ができます。

スポンサーリンク

誰にも影響されないぼっち練だったらそのメリットを生かしてライバルを思い浮かべて時間をかけてじっくり取り組みましょう。

スポンサーリンク
悩む
【サーブ】緊張したら時に大きくスイングするために意識したいこと。こんにちは、中村です。 「緊張した時にはサーブが入らない」これは生徒さんに言われたことです。 あなたは緊張した場面でどんなサーブ...

シチュエーションを想定してサーブ練習をする

プレッシャー サーブ

自分たちで行う練習ではなく、スクールのレッスンなどに参加した場合ではサーブの打ち込み練習は休憩のための練習になりがちです。

スポンサーリンク

ここで言う休憩のための練習とは全く練習をしない休憩をするよりはボールを打っていた方が良いという意識の高くない練習の意味です。

スポンサーリンク

これは勿体ないことですよね。

スポンサーリンク

この心のテンションでサーブをすることに慣れてしまったら試合でのプレッシャーにのまれてしまいます。

スポンサーリンク

そのため、サーブのモーションに入る前に「今は40-30だ」と意識的にカウントを設定してその時にはどんなサーブを打つかをイメージしながら取り組みましょう。

スポンサーリンク
サーブ 表紙
【シングルス】「さっきよりポイントが取れていない!!」と感じたらサーブを打つポジションを変えてみて得点パターンを手に入れよういつも同じ場所からサーブを打っていないですか?それだと同じ結果しか得られません。少し視野を広げてポジションを変えて打ってみたら違った効果が発見できるかもしれませんね。...

3rdボールまで想定してサーブ練習をする

サーブを入れることが目標になってしまうとサーブを打つことがプレッシャーの対象になってしまいます。

スポンサーリンク

レシーブをされた次のボール(3rdボール)をどの様に打ちたいかまでを考えて練習をしましょう。

スポンサーリンク

3rdボールまで意識すると、どの回転のサーブでどのコースに打たなければならないかが明確になり、サーブが目的から手段に変化してプレッシャーも緩和されます。

スポンサーリンク

3rdボールをフォワーハンドで打つために相手のどこにサーブを打てば良いのかをイメージをして取り組みたいですね。

スポンサーリンク

そして実際に3rdボールまでの練習にも取り組みましょう。

スポンサーリンク
撮影場所

荒川自然公園
https://iko-yo.net/facilities/17256

スポンサーリンク

 

まとめると。。。

普段の練習を工夫をすることで試合中のプレッシャーを克服、緩和することができます。

スポンサーリンク

試合のための練習をするためには試合を想定、意識をして本番の時にプレッシャーを跳ね除けられる強さを身につけて行きましょう。

スポンサーリンク

サーブだけではなく、レシーバーを置いて練習をする

スポンサーリンク

カウントを設定してその時にはどんなサーブを打つのかを想定して取り組む

スポンサーリンク

サーブの次のショット(3rdボール)をどの様に打つのかまでを想定してサーブにかかるプレッシャーをかき消す

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です