運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

今日のレッスン

【タイミングを変えて攻めのバリエーションを増やす!!】ライジングを使って相手の時間を奪うにはスムーズなボールの入り方を覚えよう

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

相手の時間を奪う手段としてライジングが上げられます。

スポンサーリンク

タイミングよくボールを捉えることができたらその後がスムーズに展開できます。

スポンサーリンク

是非ともマスターして自信を持って打てるようにしたいですね。

スポンサーリンク
あなたはライジングを自信を持って打てていますか?

ライジングは横に入ってボールを待つこと

ボールの横に入る
ライジングは相手の時間を奪う手段としてはとても有効です。

 

ただし手打ちになってしまったり、効率よくパワーをボールに伝えられないとそれは勿体無いことですよね。

スポンサーリンク

その原因の一つはボールの横に入って(寄って)ポジショニングができていないことがあげられます。

スポンサーリンク

ボールを自分の前においてしまうと打点が前過ぎてしまい、腰が折れた状態になりスイング軌道がブレが生じてサイドアウトになってしまうことになります。

スポンサーリンク

また、うまくタイミングを取れずにボールを吹かしてアウトしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

今回はボールの横に入るためのフットワークから考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
キャッチアイ アプローチ
【シングルス】1stボレーをより簡単にする為にアプローチショットで球種を変えて相手にクリーンヒットをさせない様にしよう。こんにちは、中村です。 アプローチショットはベースラインからネットプレーへの「接続詞」の様なショットです。 そのアプローチシ...

後ろ足からボールに近づこう

ショートバウンド

前足からボールに近づくと前のめりになってしまいボディバランスが崩れてしまいます。

スポンサーリンク

またタイミングも取りにくくなり、下に向かってスイングしてしまいます。

スポンサーリンク

ボールに近ずく時には後ろ足からボールに寄せて行くようにすると体重移動が継続的にできるのでボールをしっかりと捉えることができます。

スポンサーリンク

わたしの場合は左利きなので左足から踏み込み出します。

スポンサーリンク

踏み込む時には重心を下げながら

ショートバウンド ステップイン

そして、前足の踏み込み動作に入りますが腰を落としながら動作に入ると体重移動がよりスムーズにできます。

スポンサーリンク

必要な分だけ腰を落とす

ここでは重心を落とすこと自体が目的ではなく、ボールにパワーを効率よく伝えるためが目的になってきます。

スポンサーリンク

そのため、必要以上に重心を落とし過ぎて動作が遅れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

また、地面からのエネルギーをボールにより多く伝えるために足裏を全体的にしっかりとつけてタメを作っておきたいですね。

スポンサーリンク

必要な分だけのテイクバック

この動作の時にはすでにテイクバックは終わっていると思います。

スポンサーリンク

あまりに大きくラケットを引いているとちょっとしたバウンドの変化(風やコートによってはイレギュラーなど)に対応できずに振り遅れてクリーンヒットができなくなる恐れがあります。

スポンサーリンク

そのため、テイクバックは必要な分だけ引くようにしておきたいですね。

スポンサーリンク

ボールと一緒に体をバウンドする

ショートバウンド インパクト

ボールのバウンドに合わせながら地面を蹴って体を持ち上げます。

スポンサーリンク

上記の項目から引き続き、手打ちにならないように下半身から上手にエネルギーを使って打ちたいですね。

スポンサーリンク

また、プレースメントも大事にしたいですね。

スポンサーリンク

「チャンスボールが来た!!」と打つことにエネルギーを注ぎすぎるとボールを暴走させてしまうことにつながります。

スポンサーリンク

パワー全開で打ちたくなるのを抑えて、使わなかったエネルギーをネットに向かって前進するエネルギーにとっておきたいですね。

スポンサーリンク
全力で攻める
いつ全力で打つのかを覚えておき、体力と気力の消耗を防ごう こんにちは、中村です。 テニスではシチュエーションは「攻め」「守り」「つなぎ」とそれぞれ3つがあり、その状況で全力で打つ時や力...

体重移動を忘れずに

打つボールにより厚みを持たせるためには体重移動を意識して打ちましょう。

スポンサーリンク

基本的には前にスイングをします。

スポンサーリンク

それに倣ってフットワークを考えると、前足を踏み込んで打つ時に後ろ足を前に出して体重移動の流れを止めないようにしたいですね。

スポンサーリンク

そして、そのままボレーで点を取れるような必勝パターンにしていきたいですね。

スポンサーリンク
alt="アプローチショットをストレートに打つ"
【ポジショニング】アプローチショットのあとはここに立って次に備えよう。ネットプレーのポジショニングは迷っている時間はないですよね。事前に頭の中に入れておき試合の時に迷わないようにしましょう。...

スポンサーリンク

 

撮影場所

荒川自然公園

スポンサーリンク

http://arakawasizen-koen.com/sports/

スポンサーリンク

 

まとめると。。。

ライジングは相手の時間を奪うための有効は手段です。

スポンサーリンク

しかし、手打ちにならないようにしっかりとボールの横に入って厚みのあるボールを打ちたいですね。

スポンサーリンク

ボールの横に入る手順としては

スポンサーリンク

後ろ足からボールに近づき

スポンサーリンク

腰を落としながら踏み込む

スポンサーリンク

ボールのバウンドに合わせて地面を蹴る

スポンサーリンク

そして、ネットプレーに結びつけてあなた自身の得点パターンにしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です