運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【雁行陣】ポーチボレーの成功率を高めたい!!そんな時は思いつきでなく予め約束を決めて相手にプレッシャーをかけ続けよう

こんにちは、中村です。

ダブルスではポーチボレーというショットがあります。

このショットはうまく行くとそのショットだけでポイントが取れるので必ず覚えておきたいですね。

今回は雁行陣の時のポーチボレーについて考えてみたいと思います。

あなたはポーチボレーを上手く成功させていますか?

 

出たとこ勝負ではなくルールを決めてボレーに出よう

ポーチボレー

ポーチボレーは基本的の考え方では一撃必殺のショットです。

出たとこ勝負でもポーチボレーが成功すると気分の良いものですが、次の時に成功するかは別問題になってしまいます。

予め自分の中でルールを決めておき、例え失敗しても次のチャンスでも迷いなくポーチに出れる様にして相手にプレッシャーをかけるのを止めない様にしたいですね。

ポーチの確率を上げるためにはパートナーの打つボールも関係してきます。

相手を振り遅らせることやブロックで返すことが精一杯にさせること様なパワフルなフォワーハンドを持っているパートナーと組んでいたらそこからあなたのポーチが生まれます。

 

また、スライスなどの回転やプレースメントを得意としているパートナーであれば、相手の体勢を崩す配球からポーチボレーの出るタイミングになります。

あなたのパートナーの強みを知っておき、「そこにボールが入ったらポーチに出る」というチームとしての作戦を共有しておきましょう。

また、サイドアウトをしないためにセンターにボレーにすることを基本のコースとしておきましょう。

相手のボレーヤーの足元に打つと相手が反応の良い選手だと返ってくるケースがあるのでボレーヤーを少し外したところを狙ってボレーする様にしたいですね。

 

ダブルスの前衛について
【意識改革】前衛では意識を変えて積極的にプレーをしよう!! こんにちは、中村です。 今回はダブルスで前衛に立った時の心構えについて書いてみようと思います。 「ボレーが好きじゃな...

ラリーの最中でポーチボレーに出るタイミングを考える

さて、ラリーの最中でポーチボレーをする場合にはどんなことに気をつけたら良いでしょうか?

相手が打点を見た時にポーチボレーに出る

ストロークの時にはボールを打つ時には必ずボールを見ます。

これはラケットのスイートスポットでボールを捉えたいので必ず行う行動となります。

その際にはストローカーはあなたの動きを見ていないということになります。

相手のストローカーが打つ時にボールを見ると時にポーチボレーのチャンスとなります。

ここでは前提条件があり、あなたのパートナーのストロークが相手のストローカーにしっかりプレッシャーをかけられている状態が必要になります。

あなたのパートナーが打つボールが相手にプレッシャーがかかってないとガンガン踏み込まれてしまうとポーチボレーに行くタイミングを掴めなくなってしまいます。

少しサイドに振られた時や深いボールの返球の時、言い換えると自分にとってしっかり打ち返したい状態の時ボール(打点)を見て打ちます。

そのサインを見逃さないでしっかりポーチボレーに出たいですね。

 

相手がボディバランスを崩した時にポーチボレーに出る

ポーチボレーの作戦

相手のストローカーが体勢を崩してボールを取りに行った時にはポーチボレーでポイントを取りに行きたいですね。

あなたのパートナーが球種を変えて弾まないスライスを打つ時を相手が予想をしていないでボディバランスを崩した時がポーチのチャンスになります。

図は一つの例になります。

高いボールを打って相手を下げてから角度をつけるといったショットの組み合わせで、より効率的に相手を崩すことができます。

困ったプレーヤー
困ったプレーヤー
困ったなぁ〜、その場しのぎでスライスを打つとポーチが待っている

と相手に思わせる様な継続的にプレッシャーをかけて行きたいですね。

https://masayacoach.com/centertheory2020-09-06/

サービスからのポーチボレーを考える

サーブからポーチボレーに結びつけてテンポよくゲームを進めて行きたいですね。

パートナーの得意サーブからポーチボレーに出る

 

サーブにはセンター、ボディ、ワイドとそれぞれコースがあります。

これに合わせてスピンサーブ、スライスサーブ、フラットサーブと球種を合わせると12パターンになります。

あなたのパートナーがどのコースに打つのが得意なのかを予め話しておきましょう。

例えば、パートナーがスライスサーブが得意ならば相手のボディに多く打ってもらい、そこからポーチボレーに結びつけてサービスゲームをよりプレッシャーなくキープできる様にします。

「パートナーのサーブが入ここに入ってらポーチに出る」と約束を作り、それが必勝パターンになる様にしたいですね。

セカンドサーブの時にポーチボレーに出る

うっかりレシーバー
うっかりレシーバー
よし、セカンドサーブだ。ポーチに来ないからしっかりクロスにレシーブができるぞ!!

このレシーバーの心理をついてセカンドサーブでポーチボレーに出てみましょう。

しっかりクロスにレシーブしてプレッシャーをかけたいと思っているので相手には迷いがない状態です。

そこで発想を変えてみましょう。

相手はクロスに打つことに迷いがない=あなたは打って来るコースが分かっている

 

ということになります。

来るコースが分かっているのでればあとはポーチに出るタイミングを図れば良いということになりますね。

しかし、相手が強く打ってくるボールに飛び込む勇気が必要になります。

その精神的な負担を軽くするためにパートナーのサーブをセンターで相手を動かした状態、もしくはボディに打って打点の距離感を崩してもらい100パーセント強打をできない状態にしてもらいましょう。

まとめると。。。

「ポーチボレーは出たとこ勝負」では長く続かないし、相手にはあまりプレッシャーがかかりません。

そのため、このシチュエーションでは必ずポーチボレーが飛んでくると相手に思わせる様にしたいですね。

【ラリーの中では】

相手が打点を見た時にポーチに出る

相手が体勢を崩した時にポーチに出る

【サービスからのポーチでは】

パートナーの得意サーブからポーチに結びつける

セカンドサーブでポーチに出る

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です