運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【ダブルス】どっちつかずの高さのボールが飛んで来た!!迷った結果にミスしてしまうスマッシュとハイボレーの境界線はどこか?

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

皆さんはダブルスをプレーをしている時にネットプレーに行った時、無理やりスマッシュを打ってミスをしてがっかりした事がありませんか?

スポンサーリンク

ミスをしてから「ああ〜、今のはスマッシュではなくハイボレーで打つべきだったか!?」と反省する事があったと思います。

スポンサーリンク

これ以上同じミスを繰り返さないようにスマッシュを打つのはどういう時かを予め自分の中で約束を決めておきましょう。

スポンサーリンク

あなたはスマッシュを打つ時の条件(約束)を持っていますか?

スポンサーリンク

まずはスマッシュを打てるロブかどうかを見極める

ロブの種類

ロブも大きく分けて2種類あると考えます。

スポンサーリンク

攻撃的なロブと守備的なロブです。

スポンサーリンク
表紙
パートナーのボレーを導くためのストローク術を考えよう!! こんにちは、中村です。 今回は雁行陣対平行陣の時のストローク術について考えてみたいと思います。 自分がストローカーの時に...

攻撃的なロブ

攻撃的なロブとは相手があなたの時間を奪う時に打つロブです。

スポンサーリンク

この攻撃的なロブを打つ時には速いボールを打つことが有効になります。

スポンサーリンク

しかし、相手のレベルが上がればただスピードの速いロブを打っても取られてしまいます。

スポンサーリンク

そうならない為にもそのボールを打つ前に相手の足元に打ったり少しサイドに振ったりして相手が良い体勢ではない前段階を作ってから速いロブを打ちたいですね。

スポンサーリンク

守備的なロブ

一方、守備的なロブとは相手が時間を作りたい時に打ちます。

スポンサーリンク

例えば、相手がスイートスポットを少し外してボレーを打った時によくあるケースです。

スポンサーリンク

相手も狙っていないと思われるようなハプニング的な返球に対してはあなたは当然、予測ができていません。

スポンサーリンク

短くなったり、勢いよくボールが飛んでこなかったボールに対して反応が遅れてしまいボディバランスを崩して打たない時に時間を稼ぐロブを打ちます。

スポンサーリンク

この場合は深い、もしくは高いロブを打つことが必要になってきますね。

スポンサーリンク

まずは相手がどちらのタイプのロブを打ってきたかを見極めてから対応したいですね。

スポンサーリンク

大枠な考え方としては攻撃的なロブに対してはハイボレー、守備的なロブに対してはスマッシュと定義をしておきましょう。

スポンサーリンク
チェック

どちらのタイプのロブかの判断はネットを越えて来る前にスマッシュが打てるイメージができるかどうかです。

スポンサーリンク

ここからは技術的に視点から考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

手が伸ばせなかったらハイボレー

ハイボレー

相手が打ってきた攻撃的なロブが当てはまりますが、低い弾道のボールでは往々にして速く飛んできます。

スポンサーリンク

この状況では余裕を持って手が伸ばして打てない窮屈な状態が考えられます。

スポンサーリンク

そうなると質の高いスマッシュを打つことが難しいどころかスマッシュのフォームを崩してまい、その後のスマッシュの印象を変えてしまいます。

スポンサーリンク

低くて速いロブがきた場合に手を伸ばして打てるイメージができない場合はハイボレーに切り替えましょう。

スポンサーリンク

 

適正な打点までボールが来る場合はスマッシュ

スマッシュ

スマッシュはあなたの気持ちの落ち着きが必要になります。

スポンサーリンク

相手が緩いロブを打ってきた時にあなたはボールが飛んで来るのを待ちきれずに腰を折ってスマッシュを打ってしまうことはありませんか?

スポンサーリンク

「ある、ある!!」と思った人はそのシーンを思い出してください。

スポンサーリンク

多くの場合は横を向いていない(向いていたけどいつのまにか、前を向いている)と思います。

スポンサーリンク

横を向いていないと腰も折れてしまい、打点も自然と体よりも前で捉えてしまいスイングが下がり調子の時にボールを打つことになってしまいます。

スポンサーリンク

そうなるとネットに向かってボールは一直線ですよね。。。

スポンサーリンク

スマッシュの打点は体の中心線である頭の上までボールを待って打つようにしたいですね。

スポンサーリンク

 

ボディバランスが崩れてしまったらハイボレー

ハイボレーの図

これは相手の配球がうまい時に起きてしまいます。

スポンサーリンク

一つの例としては、相手があなたの足元に狙って打ってきました。

スポンサーリンク

そうなるとローボレーを打つ状態になり、あなたは前のめりにされてしまいました。

スポンサーリンク

次にはロブが待っています。

スポンサーリンク

しかも、攻撃的なロブです!!

スポンサーリンク

この状況では相手が良いシチュエーションを作られたのでこの場合は無理にスマッシュを打たずにハイボレーをセンターまたは相手チームのストローカー側に打ってポジションを立て直したいですね。

スポンサーリンク
alt="後衛の基本コース"
【雁行陣】自分のペースで試合を進められる人が熟知していることダブルスにおいての基本コースを熟知してリスクを抑えて勝てるようにしていきましょう。...
撮影コート:荒川自然公園テニスコート

https://ttnavi.com/search/court/arakawashizenkoen/

スポンサーリンク

 

まとめると。。。

スマッシュを「打てる!!」と「打ちたい!!」は別のもです。気持ちが焦っていると「打ちたい」という発想になり、気持ちに余裕があると「打てる!!」になります。

スポンサーリンク

この気持ちの持ち様でそのショットの結果は変わってきます。

スポンサーリンク

そのためにはあなた自身のスマッシュの基準を考えておき、その基準に当てはめて実行しましょう。

スポンサーリンク

手が縮こまっていないか

スポンサーリンク

適正な打点にボールが飛んできているか

スポンサーリンク

良いボディバランスでタメを作れているか

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です