運動中は少し薄めて飲むことをオススメします。

ダブルス

【ダブルス】相手の対角の選手がポジショニングを無視してどんどん前に来る?!そんな時は打点を落としてクロスロブを打とう!!

こんにちは、中村です。

スポンサーリンク

前回の記事を相手から見た場合になります。

スポンサーリンク

上級者になるほど平行陣対雁行陣からの展開が多くなると思います。

スポンサーリンク

あなたが雁行陣のストローカーで、その対角になっている相手のボレーヤーがポジショニングを変えて前に出てプレッシャーや勝負に来たらどうしますか?

スポンサーリンク
【ダブルス】なぜかロブを気持ちよく抜かれている!!平行陣に入った時にパートナーとのポジションのバランスを取れていますか?こんにちは、中村です。 ネットプレーの平行陣といっても前と後ろのポジションは存在しますね。 相手のストローカーの対角に立つあ...
あなたは相手ペアの対角の選手だけ前に詰めてきたのが見えたらどうしますか?

セオリー無視で前に来ても落ち着いて対処をしよう

ダブルスのゲーム性を考えるとストローカーの対角のボレーヤーがそのパートナーのポジションより前に出てプレーをするのはあまりありません。

スポンサーリンク

それは対角のボレーヤーが深く配球をしてパートナーに決めてもらうように展開を作るのが基本的な考え方ですね。

スポンサーリンク
ローボレーが好きではないプレーヤー
ローボレーが好きではないプレーヤー
ネットに行ったら早くポイントを終わらせるために前に行っちゃうんだよね〜。

と、ローボレーやミドルボレーで展開を”作るボレー”が得意ではないプレーヤーが対角のポジションを取ると状況が変わって来ます。

スポンサーリンク

苦手意識からポイントを早く終わらせるためにパートナーのポジションより前に来て決めに来ようとします。

スポンサーリンク

最初の2〜3ポイントはその行動に戸惑って失点するかもしれません。

スポンサーリンク
よく観察している相手プレーヤー
よく観察している相手プレーヤー
ああっ、相手は1stボレーから前に詰めてくるな!!
と確信を持てたら迷わずロブを打って主導権を取り返しましょう。

 

ロブを打つ時は打点を落として相手の動きを止めよう

ロブを打つ時はいつも高い打点で打つ必要はありません。

 

むしろボールを落とすことで相手が「いつ打つのか」と見入って腰高になってしまいます。

スポンサーリンク

腰高になると次のボールへの反応が遅くなります。

スポンサーリンク

一つの駆け引きですがそこを利用しない手はないですよね。

スポンサーリンク

また、打点を落とすことでラケットとボールが触れている時間が長くなるので当たりに厚みが出てしっかりとボールを捕まえることができます。

スポンサーリンク

不用意にボールを吹き飛ばすことを抑えることもできますね。

スポンサーリンク
表紙 コンチネンタル
コンチネンタルグリップの持ち心地に慣れよう こんにちは、中村です。 今回はグリップの矯正について考えみたいと思います。 あなたは適切なグリップでプレーできていますか...

深さより高さとコントロールを優先したロブで一次攻撃の質を落とそう

クロスロブ

相手が前にいるのでわざわざベースライン付近のギリギリを狙う必要はありませんね。

スポンサーリンク

それより相手がスマッシュをためらうような高さのロブやバックハンドハイボレー側へロブをコントロールできたらそれだけで相手を崩せます。

スポンサーリンク
ある程度の深さも大切ですが、高さを優先してミスを誘うロブを上げましょう。

 

キャッチアイ 台形フォーメーション
【ダブルス】パートナーがロブを取れずにフォローしたけど、その後の展開がわからない!!台形のフォーメーションを覚えておこうこんにちは、中村です。 雁行陣でラリーをしていたらパートナーの方にロブを打たれた、そんな時にはフォローをしにいきますよね。 ...

相手の勢いを止めてこちらの態勢を整えよう

高さを求めると言っても短すぎると十分な効果が発揮できません。

スポンサーリンク

仮にバックハンド側へコントロールができなくても高さを出すことによってスマッシュをためらいハイボレーに変更するプレーヤーもいます。

スポンサーリンク
高くロブを上げる効果としてはスマッシュを躊躇わせることによって相手の一次攻撃で凌ぎやすくなることにあります。

 

高くあげたロブを打点まで相手が待っている間にあなたは元のポジションに戻ってカウンターで逆襲を狙いましょう。

スポンサーリンク
撮影:日吉テニススクール

http://home.p00.itscom.net/hts/school.html

スポンサーリンク

 

まとめると。。。

相手チームの対角の選手がポジショニングを構わずにどんどん前に来たら落ち着いてロブを打ってその勢いを止めましょう。

スポンサーリンク

打点は落として相手を動きを止めよう

スポンサーリンク

深さよりも高いロブを打って相手の一次攻撃の質を落とそう

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
できたての記事をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です