セオリーと戦術、戦略

【ストローク】高い打点と低い打点の使い分けを考えてみる。

高い打点

こんにちは、中村です。

今回はストロークの時に高い打点と低い打点でボールを捉える意味を考えてみたいと思います。

低い打点で打つ時にはどんな意識で打てば良いのか、高い打点でボールを捉える時にはどんな意味があるのかを知っていれば、その後のプレーで慌てなくてすみます。

あなたは打点を意識的に変えて打つことはありますか?

打点を変えるメリットとデメリットについて

テニスにおいて「攻める」「繋ぐ」「守る」の3つのシチュエーションがあります。

その中で高い打点と低い打点でボールを捉えるということ攻めと守りの視点から考えてみたいと思います。

高い打点で打つ

フォワーハンド打ち込み
高い打点といっても高過ぎる打点とは違います。

 

高い打点の定義としては肩の高さで力の入る最適な位置になると思います。

もともと人間の手(腕)は肩から下に向かって伸びていますよね。

そのため、肩より上でボールを捉えるのは本来の体のつくりから考えると力のロスが生まれると考えられます。

 

オフェンスの視点から

高い打点のメリットはネットより上で打つことができます。

スピードボールで攻めることができ、直接的にポイントを取ることができます。

また相手のボディバランスが崩れたらその隙をみてボレーにと攻撃を結びつけることもできます。

センターからの回り込みフォワーハンドを逆クロスに打つシチュエーションがわかりやすい例だと思います。

また、あなたがしっかりと踏み込んで「打つぞ!!」というポーズを取ると相手もプレッシャーを感じ逆にあなたは余裕が持てます。

alt="アプローチショットをストレートに打つ"
【ポジショニング】アプローチショットのあとはここに立って次に備えよう。ネットプレーのポジショニングは迷っている時間はないですよね。事前に頭の中に入れておき試合の時に迷わないようにしましょう。...

ディフェンスの視点から

相手があなたが思っていたよりも深くて高いボールを打ってきて、そのボールを打ちやすいところまで後ろに下がって打てない時があります。

この場合は落ちてきたボールに合わせて高い打点でショートバウンドでボールを捉える技術が必要になります。

この状況は相手の打ってきたボールの勢いにプレッシャーを感じていると思います。

ここではスピードボールよりプレースメントが優先したいですね。

 

打点を低くして打つ

フォワーハンド低い打点
打点を低くして打つ場合に注意して欲しいのは腰を折って打つことは避けたいですね。

 

ボディバランス(姿勢)を崩して打つと体の軸がブレて力を効率よく発揮できませんよね。

オフェンスからの視点

ボールを落とした状態でのオフェンスを言うなれば、次に攻めるための布石となります。

攻めるとしたらスピンを多くかけたヘビースピンやエッグボールと言われる重いボールを使って相手をベースラインの後ろに下げたり、バックハンドの高いところでボールを捉えさせて形勢逆転を狙うことになります。

ただし、スピードボールでエースを取るような攻めは望めません。

理由はボールを落とした分だけ低いところから持ち上げて打つことになるからですね。

布石の意味

また、相手とのかけひきをしたい時にわざと打点を落として打つことがあります。

相手がネットプレーでボレーが短くなりパッシングショットを打つ時にわざと打点を落として相手の動きを止めてストレートに打つ、なんてこともできます。

ディフェンスからの視点

メリットは自分の時間を作れるということになります。

時間を作るということは相手のテンポアップしたい攻撃のタイミングを外すことができます。

例えば、相手のボレーが短くなりボディバランスを崩したあなたが2バウンドするかしないかまでボールを落とすと相手は「取れるのかな?」と思いその状況を見守ってしまいます。

相手
相手
よし、短いボールに相手が打点を落としたから前に行こう

あなた
あなた
おっと、このボールは攻められないし、相手も前にきたから打点を落とそう

相手
相手
あれっ、まだ落としてるからツーバウンドになるかな!?

あなた
あなた
もう少しギリギリまで落とそう

相手
相手
!!

スライスで打ってきた!!

あなた
あなた
しめしめ
相手
相手
あれっ、ミスっちゃったよ!!
また、相手が深いボールを打ってきてあなたが下がって打たされる時にも打点を落として相手を見る時間を作ります。

 

alt="下がって打つ"
【ロブ】ポジションを下げてディフェンスする時に気をつけたい3つのことシングルスにおいてベースラインより下がって打つのは自分がディフェンスに回ることですね。できるだけ攻めさせないように打つことを考えてみましょう。...
まとめると。。。

その状況に合わせて意識的に打点を変えることができる様にしよう。

また、打点によって「攻め」だけ、「守り」だけと決めつけるのではなくボールのスピードとスピン量のバランスを考えながら打てるようにしましょう。

高い打点で攻める時は相手の時間を奪う、守る時はプレースメントで押しもどす。

低い打点で攻める時はそのあとの布石をための下準備を打つ、守りでは自分の時間を作ること。

この記事が気に入ったら友達になってください。

友だち追加
定期的に記事のアップ状況をお届けします。

レッスンのお問い合わせはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です